アジア作物学会   English
みんなと作物学 会員の活動紹介 出版物 講演会 和文誌 英文誌 PPSナビ
HOME
本学会について
会則
組織
入会・会費案内
賛助会員募集
広告募集
お問い合わせ
会員のみなさまへ
会長挨拶
学会賞
メーリングリスト
賛助会員
男女共同参画
講演会
学会誌
投稿料無料
英文誌 PPS
review
和文誌 日作紀
総説一覧
和文誌 ミニレビュー一覧
関連シンポジウム・集会
海外開催案内
海外参加報告
国内開催案内
国内参加報告
国内の関連学会講演会
若手研究者海外学会出席助成
関連リンク集
支部会
北海道
東北
関東
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
HOME > 国内開催 > 年度別一覧 > 2013年度
関連シンポジウム・集会
【農環研】30周年記念シンポジウム 「21世紀の農業と環境」
(独) 農業環境技術研究所(農環研)から30周年記念シンポジウムの案内が参りましたのでお知らせします.

日 時: 平成25年12月13(金曜日) 13時−17時15分
会 場: 新宿明治安田生命ホール (JR新宿駅西口徒歩3分)
※事前登録が必要です.

詳し くは下記のサイトをご覧ください。 http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h25/20131213.html?ref=wn
【JIRCAS国際シンポジウム】「持続可能な農林水産技術開発のアジアにおける新たな展開:農村の変化と日本の優位性」
独立行政法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)より,JIRCAS国際シンポジウム2013の案内が参りましたので,お知らせいたします.

テーマ: 持続可能な農林水産技術開発のアジアにおける新たな展開
〜農村の変化と日本の優位性〜
日 時:
平成25年11月 20日(水)13:45〜17:00
  21日(木) 9:30〜16:55
 
会 場: 国連大学ウ・タントホール

詳しくはここをご覧ください.
【学術会議シンポジウム】【共催】日本学術会議農学分科会主催のシンポジウム「気候変動に対応した作物栽培技術の現状と展望」
日本学術会議農学分科会より,「気候変動に対応した作物栽培技術の現状と展望」(2013年12月13日,東京大学)の開催案内が参りましたので,お知らせします.

テーマ:気候変動に対応した作物栽培技術の現状と展望
日 時:平成25年12月13日(金) 13:00〜16:30
会 場:東京大学弥生講堂セイホクギャラリー
 
詳しくはここをご参照ください.
【農環研】【後援】NIAES30周年記念 第27回気象環境研究会「農業気象分野の国際研究ネットワークとその連携」
(独)農業環境技術研究所より,NIAES30周年記念 第27回気象環境研究会「農業気象分野の国際研究ネットワークとその連携」(2013年12月2日,つくば市)の開催案内が参りましたので,お知らせします.

詳しくはここをご参照ください.
【近畿作物・育種研究会 公開シンポジウム】「地球環境変動とこれからの農業」
近畿作物・育種研究会では,公開シンポジウム「地球環境変動とこれからの農業」を以下の通り開催します.

日時:平成25年12月14日(土)13:00〜17:40
場所:大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 学術交流会館
参加費:無料

詳しくは,こちらを御覧ください.
【農研機構シンポジウム】「田畑輪換と地力 -今、水田土壌で何がおこっているか・・・それを克服するためには-」
東北農業研究センターより,農研機構シンポジウム 「田畑輪換と地力 -今、水田土壌で何がおこっているか・・・それを克服するためには-」の開催案内が参りましたのでお知らせします. 詳しくはここをご参照ください.
【生物研シンポジウム】「ゲノム情報を駆使した次世代作物育種への展望」
(独)農業生物資源研究所から,公開シンポジウム「ゲノム情報を駆使した次世代作物育種への展望」について連絡がありましたので,お知らせいたします.
次世代シークエンサーを始めとするさまざまな新技術によって作物育種は大きく変わろうとしています。従ってこの時期に作物種を越えて新しい育種法を議論することにより、将来の育種研究を考えることは極めて有意義です。近年、ゲノムワイド一塩基多型(SNP)マーカーを利用したゲノム全体の遺伝子型を指標にした選抜手法(ゲノミックセレクション)が家畜育種において実用化され、作物育種においてもその効果が期待されています。そこで、本シンポジウムは、ゲノミックセレクションを作物育種に適用するための理論および各作物(イネ、コムギ、ダイズ、果樹、野菜、牧草)における実践への試み、形質評価および有用遺伝子の探索の最新情報を紹介し、次世代型作物育種のあり方について提案するものです。
プログラム,参加申し込み等の詳細については,ホームページをご覧ください。

日  時 : 平成25年10月18日(金)10時〜17時00分
場  所 : つくば国際会議場(エポカル)中ホール200
参 加 費 : 無料(要事前登録)
申込締切 : 平成25年9月30日
「第12回国際コムギ遺伝学シンポジウム」
日本作物学会は,「第12回国際コムギ遺伝学シンポジウム」を後援することといたしましたので,お知らせいたします.詳しくは,ここご案内状をご覧ください.
【JIRCAS国際ワークショップ】IITA-Japan collaboration on Research for Development for Africa: Current Perspective and Beyond
独立行政法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)より,国際熱帯農業研究所(International Institute of Tropical Agriculture:IITA)との連携をテーマとした国際ワークショップ「IITA-Japan collaboration on Research for Development for Africa: Current Perspective and Beyond」(2013年2月14日,つくば市)の案内が参りましたので,お知らせいたします.

◆詳細は、Webページおよびご案内プログラムをご覧ください.
第18回国際窒素固定会議 (18th International Congress on Nitrogen Fixation)
開催日 :2013年10月14-18日
開催場所 :宮崎市ワールドコンベンションセンター

第18回国際窒素固定会議 (18th International Congress on Nitrogen Fixation)は,窒素固定分野に関連する全世界の研究者が一堂に会する国際会議で,隔年で開催されております.第18回は本邦初となり,宮崎市ワールドコンベンションンセンターで開催されます.
セッションは以下の通りですが,窒素固定に限らず,植物と微生物との共生科学やそのバイオリソース・ゲノム解析について,また生物界の窒素循環など幅広い分野について,発表と議論を行います.

①ニトロゲナーゼの化学・生化学・テクノロジー
②生物的窒素固定の生理と制御(ラン藻)
③窒素サイクル(脱窒,培養困難な窒素固定生物,動物共生)
④バイオリソースとゲノム科学
⑤植物と微生物のシグナリング
⑥マメ科植物と根粒菌の共生窒素固定
⑦非マメ科植物と窒素固定細菌の共生(フランキア,エンドファイト)
⑧植物養分吸収と微生物共生(窒素,リン酸,モリブデン,菌根菌)
⑨生態学と応用

18thICNFへの多くの皆様のご参加を,心よりお待ちしております.
詳しくは,Webページをご覧ください.

第18回国際窒素固定会議組織委員会委員長
南澤 究 (東北大学大学院生命科学研究科・教授)

連絡先
東京農工大学大学院農学研究科
第18回国際窒素固定会議組織委員
大津 直子
TEL: 042-367-5677
FAX: 042-367-5677
e-mail: nohtsu@cc.tuat.ac.jp
>> 更新履歴