アジア作物学会   English
みんなと作物学 会員の活動紹介 出版物 講演会 和文誌 英文誌 PPSナビ
HOME
本学会について
会則
組織
入会・会費案内
賛助会員募集
広告募集
お問い合わせ
会員のみなさまへ
会長挨拶
学会賞
メーリングリスト
賛助会員
男女共同参画
講演会
学会誌
投稿料無料
英文誌 PPS
review
和文誌 日作紀
総説一覧
和文誌 ミニレビュー一覧
関連シンポジウム・集会
海外開催案内
海外参加報告
国内開催案内
国内参加報告
国内の関連学会講演会
若手研究者海外学会出席助成
関連リンク集
支部会
北海道
東北
関東
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
HOME > 関連シンポジウム・集会
関連シンポジウム・集会
| 海外開催案内 | 海外参加報告 | 国内開催案内 | 国内参加報告 | 国内の関連学会講演会 |
| 若手研究者海外学会出席助成 |
第10回アジア作物学会議(ACSAC10)の要旨締切が迫っています(3月31日)
日本作物学会が主催する第10回アジア作物学会議(ACSAC10)(2020年8月31日〜9月3日開催)の要旨の電子投稿締切(3月31日まで)が迫っています.
3月31日までに投稿された発表者のうち,学生,若手研究者を対象とした優秀発表賞も設けています.
締切までに投稿された要旨のうち,希望のあったものの中から,査読を経て,口頭発表ならびに優秀発表賞が選考されます.
ぜひお早めに要旨の電子投稿をお願いします.

要旨の電子投稿

要旨の投稿規定

3月31日までに投稿された発表者のうち,学生,若手研究者を対象とした優秀発表賞も設けていますので, ぜひお早めに要旨の電子投稿をお願いします.

ACSAC10のウェブサイトも日々更新中.ぜひチェックしてください.
http://acsac10.org/index.html
【中止案内】第32回気象環境研究会「近年の猛暑によるイネ高温不稔の顕在化とその対策」中止のお知らせ
新型コロナウイルスの国内での感染拡大に伴い,蔓延防止の観点から,農研機構統一の方針として,当分の間,農研機構主催の研究集会等の開催を見送ることとなり,本研究会も中止とさせて頂くことになりました.
開催直前のご連絡となり,参加をご予定いただいていた皆さまには大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが,何卒ご理解の程,お願い申し上げます.

【以下、中止決定】
開催日時:2020年2月21日(金) 13時10分〜17時00分
開催場所:つくば国際会議場 中会議室201
     (〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3)
【開催案内】シンポジウム「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティに関する課題と今後の展望」(日本学術会議 2020.2.24)のご案内
日本学術会議公開シンポジウム
『生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティに関する課題と今後の展望』

日 時:2020年2月24日(月)13時〜17時30分
会 場:日本学術会議 講堂
アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口
参加費:無料
主 催:本学術会議 第二部 生命科学ジェンダー・ダイバーシティ分科会
後 援:国立研究開発法人 科学技術振興機構 内閣府男女共同参画局
    文部科学省 公益社団法人 日本薬学会
    一般社団法人 日本看護系学会協議会 一般社団法人 日本医学会連合
    一般社団法人 日本農学会 生活科学系コンソーシアム
    生物科学学会連合 日本生命科学アカデミー
    日本農学アカデミー 男女共同参画学協会連絡会
    全国ダイバーシティネットワーク

詳細はこちら
2019年度第2回情報解析講習会のご案内(UNIX初心者向け)
「先進ゲノム支援」では支援活動の一環として情報解析講習会を開催しています.今年度第2回目となる今回は,遺伝研スパコンの概要を解説するとともに,Linuxの基礎から遺伝研スパコンの使い方,さらにはRNA-seq解析などの実践例題を中心に,以下の要領で情報解析講習会を開催いたします.
本講習会は,先進ゲノム支援(PAGS),生命情報・DDBJセンター(DDBJ),ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)が合同で開催いたします.

◆募集詳細:申込方法等,詳細につきましては以下の URL をご覧ください.
https://www.genome-sci.jp/whatsnew/event/news202001072.html
◆日時:2020年3月12日(木)12:40〜17:20(予定)
◆会場:国立遺伝学研究所(DDBJ)静岡県三島市谷田1111
◆募集人員:若手研究者 20 名程度(想定スキルレベル UNIX初心者)
◆参加費:無料(旅費等は参加者でご負担下さい.)
◆講習会スケジュール(予定):
  12:40-13:10 遺伝研スパコン概要説明
  13:10-14:10 遺伝研スパコンへの接続方法,UNIX基本コマンド
  14:10-15:00 シェルスクリプト&バッチジョブ
  15:00-15:10 休憩
  15:10-16:00 シェルスクリプト&バッチジョブ
  16:00-17:20 遺伝研スパコンでの解析の実践(RNA-seq解析等)

◆申し込み〆切:2020年2月5日(水)
◆お問い合わせ先:先進ゲノム支援事務局
pags-workshop@genome-sci.jp(講習会担当)
https://www.genome-sci.jp/
◇第12回HOPEミーティング―パネルディスカッション―
ノーベル賞受賞者等著名研究者によるパネルディスカッションを開催します。本イベントは、アジア・太平洋、アフリカ地域から選抜された約100名の若手研究者がノーベル賞受賞者等と交流を行う「HOPEミーティング」のセッションの一つを一般に公開するものです。 多くの皆様のご参加をお待ちしています。

テーマ:Science and Society
日時:令和2年3月12日(木)14:00〜15:00 (13:30開場)
場所:つくば国際会議場 大ホール
言語:英語(同時通訳はございません)
 ●パネリスト(予定):
 梶田 隆章(2015年ノーベル物理学賞)
 J・ゲオルグ・ベドノルツ(1987年ノーベル物理賞)
 ヨハン・ダイゼンホーファー(1988年ノーベル化学賞)
 白波瀬 佐和子(東京大学理事・副学長)
 ●ファシリテーター:
 家 泰弘(日本学術振興会理事、東京大学名誉教授)
参加登録:令和2(2020)年1月6日(月)12時〜登録開始
     (事前登録制・定員に達し次第締切)
URL:https://sec.tobutoptours.co.jp/web/evt/12thhope_panel_discussion/
>> 更新履歴