ミニシンポジウム

(1)Climate Smart Agriculture研究の現状とSDGsへの貢献
代表: 坂上潤一(鹿児島大学農学部・海外交流推進委員会)
日時: 2020年3月27日(金)14:30~16:30
会場: 第1会場(第6会議室:本館1階)

講演題目と話題提供者:

  1. JICA’s actions for climate smart agriculture toward achieving SDGs
    Kamidohzono Akira*, Murao Akari, Chiyojima Ryohei and Sakaguchi Kota
    (Department of Rural Deveropment, Japan International Cooperation Agency (JICA))
  2. Sago Palm for Starch Production and Sustainable Land Development in Peatlands
    Aidil Azhar1,2*, Koki Asano1, Fitri Audia1, Hitoshi Naito3, Daisuke Sugiura1, Mana Kano-Nakata4, Daigo Makihara4 and Hiroshi Ehara4
    (1Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University, 2Vocational College, IPB University, 3College of Life Science, Kurashiki University of Science and The Arts, 4International Center for Research and Education in Agriculture, Nagoya University)
  3. Evaluation of climate change impact by combining hydrological model and crop model to contribute “Climate Action”
    Koki Homma
    (Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University)
  4. Prospect of sustainable farming system in South-East Asia
    Rassarin Chinnachodteeranun*, Kiyoshi Honda
    (ListenField Inc.)
(2)麦類の多収阻害要因の解明とその対策技術の開発
代表: 渡邊和洋(農研機構中央農業研究センター)
日時: 2020年3月27日(金)14:30~17:00
会場: 第2会場(第1会議室:本館2階)

講演題目と話題提供者:

  1. 診断に基づく小麦・大麦の栽培改善技術導入支援マニュアルの作成
    渡邊和洋1*・松﨑守夫1・大野智史1・浅井元朗2
    1農研機構中央農業研究センター,2農研機構東北農業研究センター)
  2. 麦類のソイラー同時施工播種による排水性改善及び事前浅耕と不耕起播種による雑草防除
    石丸知道1*・大野礼成2・岩渕哲也1
    1福岡県農林業総合試験場,2現 福岡県庁)
  3. 埼玉県の小麦におけるチゼルプラウを用いた深耕による圧密土壌の改善
    志保田尚哉*・鎌田 淳・岡田雄二・加藤 徹・箕田豊尚・村田大樹
    (埼玉県農業技術研究センター)
  4. 穂肥重点施肥によるコムギの多収・高品質化の仕組み
    水田圭祐1*・荒木英樹2・高橋肇2
    1鳥取大学大学院連合農学研究科,2山口大学大学院創成科学研究科)
  5. 小麦「さとのそら」における耕うん同時畝立て播種技術と生育後期重点施肥による湿害対策効果
    生井幸子1*・四宮一隆1・皆川博1・福岡直規1・宮本寛1・中村憲治2・田中研一3・吉尾卓宏1・福田弥生1・森拓也1
    1茨城県農業総合センター農業研究所,2茨城県県北農林事務所,3茨城県産地振興課)
  6. 愛媛県におけるハダカムギの収量向上のための個別技術の開発と総合的対策
    秋山勉1・黒瀬咲弥1・森重陽子1*・大森誉紀1・辻田泉2
    1愛媛県農林水産研究所・2愛媛県中予地方局産業振興課)