第244回講演会
(岐阜大学応用生物科学部・2017年9月)

小集会

(1) 若手の会企画による小集会(23)
  若手研究者同士による意見交換会
他の人はどうやって研究をしているのだろうか?悩みは?プライベートとの両立は?研究に対する悩みや疑問は皆が持っていると思います.そこで本小集会では,若手の研究者3名に自身の研究からプライベートまでざっくばらんにお話しして頂きます.その後,参加者同士で日頃の研究について意見交換をします.
   
  開催日時:9月15日 14:45〜16:45
会場:25番教室

1.農研機構での研究&生活
     岡村夏海(農研機構 中央農業研究センター)
2.2年目で見えてきた私学教員の現実
     亀岡 笑(酪農学園大学 農食環境学群)
3.私のポスドク1年目
     橋田庸一(龍谷大学 食と農の総合研究所)
   
  発起人:伊藤妃菜花(京都大学),鴨志田葵(東京大学),篠遠善哉(農研機構東北農業研究センター),長南友也(農研機構北海道農業研究センター),松本章宏(東京大学)
   
(2) 水稲べんモリ直播の概要と実施状況
  水稲直播栽培は全国で2%程の普及と未だ少ないものの,年々拡大する傾向がみられ,今後の担い手不足に対応する栽培法の一つと考えられる.べんモリ直播は,モリブデン化合物を添加したべんがら(酸化鉄)で種子を被覆し,湛水直播する技術で近年開発された.従来技術よりも省力・低コストであることから普及が進み,2016年は推定300haで実施され,2017年は1000haを超える水田で実施された.そこで,技術の概要とこれまでの取り組みを紹介し,さらに普及を進めるための課題等について議論を行う.
   
  開催日時:9月15日 14:40〜17:40
会場:多目的ホール

1.べんモリ直播の概要
     原 嘉隆(農研機構九州沖縄農業研究センター)
2.東日本における実施状況
     菅野博英(宮城県古川農業試験場),寺田道一(岩手県農業研究センター),
     佐々木哲(小泉商事),佐藤信人(ヤンマーアグリジャパン東日本カンパニー)
3.農機メーカーによる全国での実施状況
     庄山 寿(井関農機),及川一也(クボタ)
4.西日本における実施状況
     原 嘉隆(農研機構九州沖縄農業研究センター),
     秀島好知(佐賀県農業試験研究センター),
     森 伸介(農研機構西日本農業研究センター),
     林 健(京都府農林水産技術センター)
5.総合討論  司会:白土宏之(農研機構東北農業研究センター)
   
  発起人:原 嘉隆(農研機構九州沖縄農業研究センター),菅野博英(宮城県古川農業試験場),秀島好知(佐賀県農業試験研究センター),森 伸介(農研機構西日本農業研究センター),林 健(京都府農林水産技術センター),寺田道一(岩手県農業研究センター),白土宏之(農研機構東北農業研究センター)