アジア作物学会   English
みんなと作物学 会員の活動紹介 出版物 講演会 和文誌 英文誌
HOME
本学会について
会則
組織
入会・会費案内
賛助会員募集
広告募集
お問い合わせ
会員のみなさまへ
会長挨拶
学会賞
メーリングリスト
賛助会員
男女共同参画
講演会
学会誌
投稿料無料
英文誌 PPS
review
和文誌 日作紀
総説一覧
和文誌 ミニレビュー一覧
関連シンポジウム・集会
海外開催案内
海外参加報告
国内開催案内
国内参加報告
国内の関連学会講演会
若手研究者海外学会出席助成
関連リンク集
支部会
北海道
東北
関東
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
HOME > 更新履歴
更新履歴
2021/09/14 名城大学農学部附属農場・作物分野における技術職員(契約職員、65歳まで更新可)募集のお知らせ(10月29日(金)必着)

名城大学農学部附属農場・作物分野では,農場実習ならびに栽培管理などをご担当いただく技術職員1名を募集しております.
詳しくは,こちらをご覧下さい.
応募書類の締切は10月29日(金)(必着)です.
2021/09/13 第252回講演会参加者アンケートについて

第252回講演会にご参加いただき誠にありがとうございました.参加していただいた方に向けたアンケートを「Googleフォーム」を利用して作成しました.今後の講演会をより良いものにするために活用させていただきたいと考えておりますので,ご協力いただきますようお願い申し上げます.

アンケート回答はこちら
https://forms.gle/YNe897sdBAmMsukf7

日本作物学会
第252回講演会運営委員会
事務局長 槇原大悟
2021/09/08 第10回アジア作物学会議(ACSAC10)開催しました(9月8日〜9月10日)

日本作物学会が主催する第10回アジア作物学会議(ACSAC10)が本日9月8日午前11時より開催いたします.
9月8日は午前11時より開会式と基調講演,ワークショップ,午後1時55分からはシンポジウムとYoung scientist forumが開催されます.9月9日,10日は両日午前9時45分から口頭発表とポスター発表が開催されます.

ACSAC10会場サイトは,ACSAC10ウェブサイト(http://acsac10.org/index.html)の,トップページにあります,"ACSAC10 Online Conference Site" をクリックして,Login IDとpasswordを入れて,お入りください.

皆様のご参加心よりお待ちしております.

当日登録も受け付けていますので,まだ登録されていない方は,以下のリンクから登録して,ご参加ください.
http://acsac10.org/registration.html
2021/09/08 シンポジウム委員会からのおしらせ(ミニシンポジウム案の公募・締め切り延長)

本会誌においてお知らせしていた件ですが,第253回講演会(2022年春東京農業大学にて開催予定)におけるミニシンポジウム案を公募します.代表者は,氏名,所属,連絡先,全体のテーマ,全体の時間を記載した文書を下記のシンポジウム委員長までお送りください.話題提供者には,会員でない方を含めることができます.企画および運営は代表者に一任します.ミニシンポジウムの要旨は,講演会要旨集および日本作物学会紀事にシンポジウムの要旨であることを明記して掲載します.なお講演会での開催方式などについては現時点では流動的であることをご了承ください.

申し込み締め切りを2021年10月29日(金)まで延長します.よろしくお願いします.

<申し込み先>
〒980-8572
仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院農学研究科作物学研究室
本間 香貴
koki.homma.d6@tohoku.ac.jp
Tel 022-757-4083 Fax 022-757-4087
2021/08/30 2022年度笹川科学研究助成の募集について(2021年10月15日締切)

公益財団法人日本科学協会笹川科学研究助成係より,2022年度笹川科学研究助成の公募情報が届いております.申請期間は,2021年9月15日(水)から2021年10月15日(金)23:59までです.
詳しくはこちらをご覧ください.
2021/08/17 第10回アジア作物学会議(ACSAC10)口頭発表の動画ファイル,ポスターファイルの提出について(8月23日〆切)

日本作物学会が主催する第10回アジア作物学会議(ACSAC10)(2021年9月8日〜9月10日開催)では,口頭発表用の動画ファイル,およびポスター発表のポスター用ファイルの受付を開始しました.8月23日が締切ですので,お早めにご準備,ご提出をお願いします.

ACSAC10では、口頭発表ではZoomのWebinarを用いて事前に提出いただいた動画ファイルを当日ホスト側で再生し,質疑応答はライブで行います。ポスター発表は,Zoomのブレイクアウトルームを用いて,各ポスター発表に1つずつブレイクアウトルームを割り当ててご発表いただきます.口頭発表とポスター発表のファイルは,オンデマンドで学会期間中のみ参加者のみ閲覧することができます(ダウンロード不可).

発表用ファイルの作成方法、提出サイトはこちらを御覧ください.
http://acsac10.org/instruction.html

ACSAC10のウェブサイトも日々更新中.ぜひチェックしてください.
http://acsac10.org/index.html
2021/07/26 第252回講演会 参加登録(非発表者)について

第252回講演会の参加登録(非発表者)期限は7月30日(金)17:00です.参加を予定されていて,まだ登録されていない方は、是非お早めにご登録いただければ幸いです.なお,ACSAC10参加者の参加費は無料ですが,第252回講演会の参加登録は別途必要ですので,ご確認の上,期限までに登録していただきますようお願い申し上げます.

第252回講演会HP
http://www.cropscience.jp/meeting/252/index.html
2021/07/12 日本作物学会賞推薦締切の延長

2022年度日本作物学会賞関連および日本農学賞候補者推薦の受付締切が7月9日となっておりましたが,日本作物学会賞については推薦がございませんでした.日本作物学会賞の締切を7月31日(土曜日)まで延長いたしますので,ご推薦をお願いします.送付先および詳細については,学会ウェブサイトの「学会賞候補などの推薦依頼について」をご覧ください.なお,日本作物学会賞以外の推薦については,すでに締切っております.
2021/07/05 【日本学術振興会】国際交流事業(HOPE・リンダウ)に係る新規公募のご案内

日本学術振興会より国際交流事業(HOPE・リンダウ)に係る新規公募のご案内が届いております.

◇第13回HOPEミーティング
HOPEミーティングは,アジア・太平洋・アフリカ地域の博士課程学生及び若手研究者が,ノーベル賞受賞者をはじめとする著名研究者や同年代の研究者と交流する合宿形式の会議です.
新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を考慮し,今回初めて全プログラムをオンラインで開催します.

日  程:令和4年(2022年)3月7日(月)〜3月11日(金)
開催方式:全プログラム ウェブ会議システムによる会議(オンライン開催)
申請締切:令和3年(2021年)年8月20日(金)17:00
申請方法:申請者本人が,HOPEミーティング専用電子申請システムより申請
募集要項:https://www.jsps.go.jp/hope/boshu.html
チラシ:https://www.jsps.go.jp/hope/data/boshu/13_hope_flyer_PDF.pdf

【本事業に係る問い合わせ先】
独立行政法人日本学術振興会 国際事業部研究協力第一課
「HOPEミーティング」担当
e-mail:hope-meetings@jsps.go.jp
TEL:03-3263-2414

◇令和4年度リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業
リンダウ・ノーベル賞受賞者会議とは,ドイツ南部のリンダウ市において,ノーベル賞受賞者が世界各地から集った博士課程学生及び若手研究者に対して講演やディスカッション等を行う国際会議です.

対象分野:化学関連分野
日  程:令和4年(2022年)6月26日(日)〜7月1日(金)
申請締切:令和3年(2021年)8月6日(金) 17:00(日本時間)
申請方法:申請者の所属機関を通じた電子申請システムによる申請(所属機関が日本国内の場合)
募集要項:https://www.jsps.go.jp/j-lindau/shinsei_boshu.html
ポスター:https://www.jsps.go.jp/j-lindau/data/r4/r4_lindau_poster.pdf

【本事業に係る問い合わせ先】
独立行政法人日本学術振興会 国際事業部研究協力第一課
「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業」担当
e-mail:lindau@jsps.go.jp
TEL:03-3263-0986
2021/06/30 【研究支援】2021年度(後期)東京農業大学生物資源ゲノム解析拠点共同研究のご案内(2021年8月2日締切)

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターより,2021年度(後期)生物資源ゲノム解析拠点共同研究に関する公募情報が届いております.
詳しくは,こちらをご覧ください.
2021/06/24 第10回アジア作物学会議(ACSAC10)PPS特集号の論文原稿受付について

日本作物学会が主催する第10回アジア作物学会議(ACSAC10)(2021年9月8日〜9月10日開催)では,ACSAC10での発表の中から,「Abiotic stress for crop production」に関する発表の論文を,PPSでの特集号としてまとめて発行します.
現在,特集号の原稿投稿を受け付けています.
必須要件は,ACSAC10で発表することです.
特に優秀な論文は,掲載料の著者負担を無くすことも検討しています.

2021年9月17日を締切とし,原稿を受け付けますので,ぜひ積極的な投稿をお待ちしています.
投稿を検討される方,また特集号についてのご質問は,ゲストエディター(谷口, taniguti@agr.nagoya-u.ac.jp)までご連絡ください.

特集号については,以下のリンクもご覧ください.
http://acsac10.org/special_issue.html

ACSAC10 参加登録はこちらから.early-birdは6月末まで.お急ぎください.
http://acsac10.org/registration.html

ACSAC10のウェブサイトも日々更新中.ぜひチェックしてください.
http://acsac10.org/index.html
2021/06/22 第10回アジア作物学会議(ACSAC10)ポスター発表用要旨の追加受付について

日本作物学会が主催する第10回アジア作物学会議(ACSAC10)(2021年9月8日〜9月10日開催)では,ポスター発表のみ,要旨の追加投稿を受け付けています.
締切は,7月20日です.

ポスター発表はZOOMのブレイクアウトルームを用いて,十分な時間,発表と議論ができるように計画していますので,ぜひこの機会に,要旨の電子投稿をお願いします.

要旨の電子投稿はこちらから
http://acsac10.org/abstract_submission.html

ACSAC10参加登録はこちらから.early-birdは6月末まで.お急ぎください.
http://acsac10.org/registration.html

ACSAC10のウェブサイトも日々更新中.ぜひチェックしてください.
http://acsac10.org/index.html
2021/06/21 【大学教員公募】明治大学黒川農場特任教員公募のお知らせ

明治大学では,明治大学黒川農場特任教員を募集しております.
詳しくは,こちらをご覧ください.
応募の締切は,2021年9月10日(金)(必着)です.
2021/06/21 【大学教員公募】名城大学農学部野菜・花き園芸学研究室助教または准教授公募のお知らせ

名城大学農学部では野菜・花き園芸学研究室の助教または准教授を公募しています.
詳しくは,こちらをご覧ください.
応募の締切は,2021年8月18日(水)(必着)です.
2021/06/15 2021年度後期 若手研究者海外学会出席助成のご案内(締切2021年6月30日)

若手研究者海外学会出席助成のご案内が届いております.(オンライン開催の場合も助成の対象となります.)
詳しくは,こちら(和文)またはこちら(英文)をご覧ください.
2021/06/11 【研究助成】「岩谷直治記念賞」及び「岩谷科学技術研究助成」に関するご案内

岩谷直治記念財団より,「岩谷直治記念賞」及び「岩谷科学技術研究助成」に関するご案内が届いております.
「岩谷直治記念賞」の推薦期限は2021年8月31日,「岩谷科学技術研究助成」の推薦期限は2021年7月31日です.
詳しくは上記リンク,または財団のホームページをご覧ください.
2021/06/10 日本農学進歩賞の推薦について

公益財団法人 農学会から「第20回日本農学進歩賞」受賞候補者の推薦依頼が参りましたので,お知らせします.
詳しくは以下のホームページを御覧ください.
http://www.nougaku.jp/

締切日:7月9日(金)
自薦・他薦とも様式(上記ホームページからダウンロード)に記入のうえ庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までお送りください.
2021/06/07 第252回講演会ホームページの開設についてほか

第252回講演会ホームページを公開しました.講演会ホームページには,第252回講演会開催に向けたスケジュール等の最新情報が掲載されていますので,ご覧ください.皆様のご参加を心よりお待ちしております.

■講演会HPトップページ
http://www.cropscience.jp/meeting/252/index.html

日本作物学会第252回講演会運営委員会
2021/05/28 日本作物学会第252回講演会開催に向けたスケジュールの見直しについて

 現在,日本作物学会紀事第90巻第2号でお知らせした第252回講演会開催に向けたスケジュールの見直しを行っています.これに伴い,2021年5月下旬に予定していた講演会ホームページの開設時期を延期しました.新たなスケジュールについては,決まり次第,改めてお知らせします.
2021/05/27 第11回三島海雲学術賞候補者の推薦依頼について(2022年4月1日時点で45歳未満対象)のお知らせ

三島海雲記念財団より「第11回三島海雲学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.三島海雲学術賞の概要等をご覧のうえ,学会長の推薦を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご送付ください.
締め切りは2021年7月30日(金)です.
2021/05/20 【研究支援】先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)令和3年度公募のご案内

先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)事務局より,生命科学分野でのイメージング支援事業に関する公募情報が届いております.
応募締め切りは,2021年6月25日(金)までです.
詳しくはこちらをご参照ください.
2021/05/07 【研究助成】積水化学自然に学ぶものづくり研究助成のご案内

積水化学自然に学ぶものづくり研究助成プログラム事務局より,「自然に学ぶものづくり研究助成」に関する公募情報が届いております.
応募締め切りは,2021年6月30日(水)までです.
詳しくはこちらまたはHPをご参照ください.
2021/04/21 【研究支援】2021年度第2回「先進ゲノム支援」支援課題の公募のご案内(締切:2021年5月27日)

新学術領域研究「先進ゲノム支援」事務局より,2021年度第2回「先進ゲノム支援」支援課題の公募のご案内が届いております.
公募期間は,2021年5月7日(金)から5月27日(木)正午です.
詳しくは,こちらをご覧ください.
2021/04/16 【研究助成】キヤノン財団2021年度研究助成プログラムのオンライン公募説明会のご案内

キヤノン財団より,研究助成プログラム「善き未来をひらく科学技術」および 「新産業を生む科学技術」のオンライン公募説明会のご案内が届いております.
開催日は2021年5月18日(火)および5月20日(木)です.
詳しくはこちらをご覧ください.
2021/04/12 日本学術振興会 育志賞 受賞候補者推薦について

日本学術振興会より「育志賞」受賞候補者の申請依頼がまいりました.学会長推薦を希望される方は,育志賞推薦書等様式一覧等をご覧のうえ,必要書類を2021年5月14日(金)までに庶務幹事(shomu@cropscience.jp)にご送付ください.

推薦書類の様式は下記HPから入手してください.
https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/yoshiki.html
2021/04/08 【研究助成】キヤノン財団2021年度研究助成プログラムのご案内

キヤノン財団より,研究助成プログラム「善き未来をひらく科学技術」および「新産業を生む科学技術」に関する公募情報が届いております.
電子申請期間は両プログラムとも,2021年6月1日10時から2021年6月30日15時です.
詳しくはこちらをご覧ください.
2021/04/06 【教員公募】新潟大学教育研究院自然科学系教員(作物生産科学分野・教授)公募のお知らせ

2021年10月1日のなるべく早くに着任予定の作物生産科学を担当する教授・1名を公募しています.
応募締切は6月18日(金)必着です.
詳しくは公募要領をご覧ください.
2021/03/26 2021年度日本作物学会総会終了のお知らせ


日本作物学会会員の皆様

2021年度日本作物学会総会終了のお知らせ


 2021年度日本作物学会総会につきましては3月19日に資料のウェブ掲示を行い,3月25日17:00までの間ご質問・ご意見等を受け付けてまいりました.

 その結果,ご質問・ご意見等はございませんでした.したがいまして, 1)2020年度会務報告, 2)2020年度会計報告, 3)2020年度会計監査報告, 4)2021年度事業計画,5)2021年度予算, 6)規定等の改正ほか,についてご承認いただき,総会は終了したものとします.

 昨年に引き続き変則的な審議・議事運営となりましたが,ご理解とご協力を賜りまことにありがとうございました.引き続き,時代の要請にあわせつつ作物学会の運営を行ってまいりたいと思います.

2021年3月26日
日本作物学会会長 山岸順子
2021/03/19 日本作物学会2021年度総会の実施と資料の入手方法


日本作物学会会員の皆様

日本作物学会2021年度総会の実施と資料の入手方法

 2021年度総会開は,すでにお知らせしましたように,第251回講演会が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンライン式に変更されたことに伴い,オンライン上での総会資料の公開と,メールによる質問・意見を受付,これに執行部が答えることで審議に代えさせていただきます.どうぞご了承ください.

 総会資料の公開および審議期間 3月19日12:00より3月25日17:00まで.
 総会資料の入手方法 会員情報システムにログインし,2021年度日本作物学会総会資料をダウンロードしてください.
 質問・意見の送付先 shomu@cropscience.jp 日本作物学会庶務幹事宛
 質問・意見メールの題名:日本作物学会2021年度総会に対する質問(意見)

以上よろしくお願いいたします.
2021/03/12 【教員再公募】信州大学農学部農学生命科学科植物資源科学コースおよび信州大学大学院総合理工学研究科農学専攻生物資源科学分野「教授または准教授」の公募のお知らせ

2021年10月1日着任予定の植物生産技術学を担当する教授または准教授・1名を公募しています.
応募締切は5月31日(月) 必着です.
詳しくはは公募要領をご覧ください.
2021/03/05 【教員公募】秋田県立大学 生物資源科学部 アグリビジネス学科 アグリテクノロジー研究グループ 特任助教の公募のお知らせ

秋田県立大学 生物資源科学部  アグリビジネス学科 アグリテクノロジー研究グループでは,2021年5月以降できるだけ早い時期(着任時期は要相談)着任の特任助教を募集しています.
職務内容:環境(日射量、炭酸ガス、温度、施肥量および灌水量など)制御によって、植物の光合成、呼吸、転流、吸水量などの生理機能の日変化または樹液量、蒸散量、葉面積および果実肥大などの成長動態を計測する研究(植物の機能制御も含む)に従事する.
締切は2021年4月16日(金)必着です.(採用者が決定次第、公募を終了する場合があります)
詳しくははこちらをご覧ください.
2021/02/02 【職員公募】国際農林水産業研究センター 特別研究員公募のお知らせ(2021年2月12日(金)必着)

国際農林水産業研究センターでは「熱帯のリン欠乏環境における効果的な作物生産技術の開発」に携わる特別研究員を募集しています.
詳しくはこちらをご覧ください.
2021/01/21 【研究公募】国際競争力強化技術開発プロジェクトの公募のお知らせ(2021年2月15日(火)締切)

農林水産省農林水産技術会議事務局より,国際競争力強化技術開発プロジェクトの公募情報が届いております.公募期間は令和3年1月15日(金)〜2月15日(火)12時です.

<公募課題>
本プロジェクトは以下の事業で構成されており、各課題別に公募を行います.
1.革新的スマート農業技術開発
  (1)新たなスマート農業技術開発
 ア 安全安心な農業用ハイスペックドローン及び利用技術の開発
 イ 農作物に適したロボットアーム等を活用した農作業自動化技術の開発
 ウ AIを活用したスマート除草システムの開発
 エ 農地基盤のデジタル化によるスマート農業の機能強化技術の開発
  (2)革新的営農支援モデル開発
2.輸出促進のための新技術・新品種開発
 輸出拡大・国際競争力強化に資する以下の技術開発を行います.
  (1)和牛肉における生産力の強化や肉質改良技術
  (2)果樹・野菜・茶及びそれらの加工品における品種・系統、栽培・保存・防除技術
  (3)米粉における生産技術体系
  (4)その他農産物における品種・系統又は栽培技術

詳しくは,公募説明動画農研機構の公募ページをご覧ください.
2021/01/19 【職員公募】宇都宮大学農学部附属農場 技術職員公募のお知らせ(2021年2月1日(月)必着)

宇都宮大学より,農学部附属農場の技術職員の公募情報が届いております.
詳しくはこちらをご覧ください.
2020/12/21 【大学教員公募】東京農工大学農学研究院 生物生産科学部門 作物学 准教授1名公募のお知らせ(2021年1月8日(金)消印有効)

詳しくはこちらをご覧ください.
2020/12/15 信州大学農学部農学生命科学科および信州大学大学院総合理工学研究科農学専攻教授再公募のお知らせ(締切:2021年1月12日 17:00必着)

2021年4月1日着任予定の教授を公募しています.
締切は1月12日 17:00(必着)です.
詳しくは公募要領をご覧ください.
2020/12/10 2021年度前期 若手研究者海外学会出席助成のご案内(締切2021年1月8日)

若手研究者海外学会出席助成のご案内が届いております.(オンライン開催の場合も助成の対象となります.)
詳しくは,こちら(和文)またはこちら(英文)をご覧ください.
2020/12/09 【研究支援】2021年度(前期)東京農業大学生物資源ゲノム解析センター共同研究のご案内(2021年2月1日必着)

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターより,2021年度(前期)生物資源ゲノム解析拠点共同研究に関する公募情報が届いております.
詳しくは,こちらをご覧ください.
2020/12/04 【研究支援】2021年度第1回「先進ゲノム支援」支援課題の公募のご案内(締切:2021年1月28日)

新学術領域研究「先進ゲノム支援」事務局より,2021年度第1回「先進ゲノム支援」支援課題の公募のご案内が届いております.
公募期間は,2021年1月8日(金)から1月28日(木)正午です.
詳しくは,こちらをご覧ください.
2020/12/02 【研究助成】タカノ農芸化学研究助成財団 2021年度研究助成対象者募集のご案内(2021年3月10日必着)

公益財団法人タカノ農芸化学研究助成財団より2021年度研究助成対象者募集のご案内が届いております.
詳しくは,こちらをご覧ください.
2020/11/16 【研究助成】2021年度 基礎生物学研究所 共同利用研究 公募のご案内(2020年 12月7日締切)

基礎生物学研究所では,大学共同利用機関として,施設等の共同利用および基礎生物学研究所の研究者との共同研究を公募しております.
(1)新規モデル生物開発共同利用研究
(2)個別共同利用研究
(3)統合ゲノミクス共同利用研究
(4)統合イメージング共同利用研究
(5)大型スペクトログラフ共同利用実験
(6)生物遺伝資源新規保存技術開発共同利用研究
(7)研究会
(8)トレーニングコース

詳しくはホームページの公募要項をご覧ください.
2020/11/13 【大学教員公募】東京農工大学 農学部附属広域都市圏フィールドサイエンス教育研究センター 助教公募のお知らせ(2020年12月25日(金)締切)

東京農工大学では,農学部附属広域都市圏フィールドサイエンス教育研究センターの助教を募集しております.
詳しくはこちらをご覧ください.
応募の締切は,2020年12月25日(金)(消印有効)です.
2020/11/13 【職員公募】国際農林水産業研究センター 主任研究員公募のお知らせ(2020年11月18日(水)必着)

国際農林水産業研究センター 生産環境・畜産領域では2021年(令和3年)4月1日着任(予定)の主任研究員(1名)を募集しています(応募締切:2020年11月18日).
詳しくはこちらをご覧ください.
2020/11/02 【大学教員公募】明治大学農場特任教員公募のお知らせ(2020年11月27日(金)必着)

明治大学では,明治大学農場特任教員を募集しております.
詳しくは,こちらをご覧ください.
応募の締切は,2020年11月27日(金)(必着)です.
2020/10/22 【大学教員公募】秋田県立大学 生物資源科学部 生物生産科学科(植物栄養分野)教授公募のお知らせ(締切:2020年12月1日)※募集期間延長

秋田県立大学 生物資源科学部 生物生産科学科 植物生産基礎グループ(植物栄養分野)では,2021年(令和3年)4月着任の教授を募集しています(締切:2020年12月1日).
詳しくはこちらをご覧ください.
2020/10/14 【大学教員公募】九州大学熱帯農学研究センター 熱帯作物・環境部門 教授候補者公募のお知らせ(2020年11月16日正午必着)

九州大学熱帯農学研究センターでは,熱帯作物・環境部門 教授候補者を公募することになりました.
詳細につきましては,以下のファイルをご覧ください.

推薦依頼書(日本語版)
推薦依頼書(英語版)

応募の締切は令和2年11月16日(月)正午(必着)です.
2020/10/12 【大学教員公募】九州大学大学院農学研究院 資源生物科学部門・農業生物科学講座・農業生産生態学分野(農学部附属農場)教授公募のお知らせ(2020年11月25日正午必着)

九州大学大学院農学研究院では,資源生物科学部門・農業生物科学講座・農業生産生態学分野(農学部附属農場)教授候補者を公募することになりました.
詳細につきましては,以下のファイルをご覧ください.

推薦依頼書(日本語版)
推薦依頼書(英語版)

応募の締切は令和2年11月25日(水)正午(必着)です.
2020/10/12 【研究助成】サッポロ生物科学振興財団 2021年度研究助成のご案内(締切:2020年12月24日)

サッポロ生物科学振興財団より,2021年度研究助成の公募情報が届いております.
公募期間は,2020年11月4日(木)から12月24日(木)(電子メール必着)です.
詳しくはこちらをご覧ください.
2020/09/18 秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科(土壌環境学)助教公募のお知らせ(締切:2020年12月1日)

秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科 陸域生物圏グループ(土壌環境学分野)では,2021年(令和3年)4月着任の助教を募集しています(締切:2020年12月1日).
詳しくはこちらをご覧ください.
2020/09/08 報告「日本における農業資源の潜在力を顕在化するために生産農学が果たすべき役割」(日本学術会議)

 日本の農業は高齢化,担い手不足などが進む一方,スマート農業,ゲノム育種などの新技術により新たな農業の可能性も示されている.また,気候変動による農業生産の一層の不安定化が指摘され,国連も持続可能な開発目標(SDGs)を掲げ各国に取組を求めている.
 このような状況のもとで,農学委員会農学分科会は主に土地利用型農業に関する日本の農業資源の現状とその潜在力を顕在化させるために生産農学が取り組むべき研究開発およびSDGsの達成への貢献について議論し,その結果を取りまとめ公表することとした.

詳しくは日本学術会議ホームページ,またはこちらをご覧ください.
2020/09/08 信州大学農学部農学生命科学科および信州大学大学院総合理工学研究科農学専攻教授公募のお知らせ

2021年4月1日着任の教授を公募しています.
締切は11月13日17:00(必着)です.
詳しくは公募要領をご覧ください.
2020/09/01 2021年度笹川科学研究助成の募集について(2020年10月15日締切)

公益財団法人日本科学協会笹川科学研究助成係より,2021年度笹川科学研究助成 の公募情報が届いております.申請期間は,2020年 9月15日(火)から2020年10 月15日(木)23:59までです.

詳しくはこちらをご覧ください.
2020/08/04 2020年度(後期)東京農業大学生物資源ゲノム解析拠点共同研究のご案内 (締切2020年8月31日締切

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターより,2020年度(後期)生物資源ゲノム解析拠点共同研究に関する公募情報が届いております.
詳しくは,こちらをご覧ください.
2020/07/28 名城大学農学部生物資源学科(園芸学研究室)助教の公募について(締切:2020年9月18日必着)

名城大学農学部では,2021年4月1日着任の助教(専任)(任期無し)を募集しています.
詳しくはこちらをご覧ください.
2020/07/27 日本農学賞受賞講演要旨集の販売

2020年度日本農学賞受賞講演の要旨集を販売いたします.

4月5日に予定されていた受賞式および受賞講演会はコロナ禍のため中止になりましたが,本学会員の森田茂紀先生をはじめ8名の受賞者の講演要旨を集めた冊子になります.

http://www.ajass.jp/30_10.html

価格は700円(消費税&送料込み)になります.

購入をご希望される方は,学会の事務取扱所までご連絡ください.

申込先:日本作物学会事務取扱所
〒104-0033 東京都中央区新川2-22-4 新共立ビル2F
03-3551-9891(TEL)
03-3553-2047(FAX)
cssj-jim@cropsience.jp
2020/07/27 ミニシンポジウム案の公募

第251回講演会(2021年春京都大学にて開催予定)におけるミニシンポジウム案を公募します.代表者は,氏名,所属,連絡先,全体のテーマ,全体の時間を記載した文書を下記のシンポジウム委員長までお送りください.話題提供者には,会員でない方を含めることができます.企画および運営は代表者に一任します.ミニシンポジウムの要旨は,講演会要旨集および日本作物学会紀事にシンポジウムの要旨であることを明記して掲載します.なおコロナウィルスの感染の状況などにより,講演会の開催も含めて流動的であることをご了承ください.

申し込み締め切りは2020年8月28日(金)とします.

<申し込み先>
〒980-8572
仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院農学研究科作物学研究室
本間 香貴
koki.homma.d6@tohoku.ac.jp
Tel 022-757-4083 Fax 022-757-408
2020/07/27 名古屋大学 大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻(植物生理形態学研究室)准教授の公募について

締切は9月30日(必着)です.詳しくは 公募要領をご覧ください
2020/07/15 明治大学農学部農場専任教員の公募のお知らせ(締切:2020年9月10日必着)

明治大学農学部黒川農場では,2021年4月1日着任の専任教授または専任准教授を募集しています.

詳しくは,こちらをご覧ください.
2020/07/14 2020年度第2回「先進ゲノム支援」支援課題の公募のお知らせ

文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究『学術研究支援基盤形成』」先進ゲノム支援(先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム)では、最先端のゲノム解析及び情報解析技術を開発・整備し、多様な科研費課題に提供して支援することにより、我が国のゲノム科学ひいては生命科学のピーク作りとすそ野拡大を進めることを使命としています。
本公募はそのような支援に相応しい科研費課題を募るものです。

2020年度第2回「先進ゲノム支援」支援課題の申請受付を以下の日程で行います。

◆公募要項や支援申請書様式
下記URLをご参照ください。
https://www.genome-sci.jp/whatsnew/news/news20200701.html

◆募集期間
2020年7月15日(水)〜 8月18日(火)正午

◆支援の対象となる研究課題
2020年度に文部科学省・科学研究費助成事業(科学研究費補助金・学術研究助成基金助成金)の助成を受けている研究課題(2020年度新規・継続課題)に基づく申請を対象とします。

◆支援できる内容
次世代シーケンサーや1細胞解析装置を駆使した配列決定に基づく多様な技術による支援を実施します。(https://www.genome-sci.jp/design
支援技術:新規ゲノム解析、変異解析、修飾/エピゲノム解析、RNA解析、メタ・環境・ホロゲノム解析、超高感度解析、情報解析

◆支援対象課題の選定
「先進ゲノム支援」領域外の専門家から構成される支援審査委員会で行います。

◆お問合せ先
先進ゲノム支援事務局
E-mail: genome-sec@genome-sci.jp
https://www.genome-sci.jp/
2020/07/09 農業環境変動研究センター/温暖化適応策ユニット 契約研究員(ポスドク)1名の募集について

農業環境変動研究センターでは,契約研究員(ポスドク)を1名募集しています.
科学技術振興機構CREST(植物頑健性領域)課題「ハイブリッドモデリングによる環境変動適応型品種設計法の開発」の研究業務に従事していただきます.
応募は随時受け付けており,雇用予定者が決定次第予告なく募集を締め切ります.
詳しくは,こちらをご覧ください.
2020/06/26 2020年度後期 第10回三島海雲学術賞候補者の推薦依頼について(2021年4月1日時点で45歳未満対象)

三島海雲記念財団より「第10回三島海雲学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.三島海雲学術賞の概要等をご覧のうえ,学会長の推薦を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご送付ください.締め切りは2020年8月7日(金)です.
2020/06/18 2020年度後期 若手研究者海外学会出席助成のご案内(締切2020年6月30日)

若手研究者海外学会出席助成のご案内が届いております.

詳しくは,こちら(和文)またはこちら(英文)をご覧ください.
2020/06/09 日本農学進歩賞の推薦について

公益財団法人 農学会から「第19回日本農学進歩賞」受賞候補者の推薦依頼が参りましたので,お知らせします.
詳しくは以下のホームページを御覧ください.
http://www.nougaku.jp/

締切日:7月10日(金)
自薦・他薦とも様式(上記ホームページからダウンロード)に記入のうえ庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までお送りください.
2020/06/05 日本学術振興会による育志賞の推薦募集期間が7月2日〜7日に延長されました

学会長推薦を希望される方の受付を2020年5月11日に一旦締め切りましたが,6月19日(金)まで延長いたします.
学会長推薦を希望される方は,育志賞推薦書等様式一覧等をご覧のうえ,必要書類を2020年6月19日(金)までに庶務幹事(shomu@cropscience.jp)にご送付ください.

参考:日本学術振興会
育志賞の概要 −優秀な大学院博士課程学生の顕彰・支援−
2020/06/04 日本作物学会賞関連,日本農学賞候補者応募書類の送付先について

日本作物学会賞,日本作物学会技術賞,日本作物学会研究奨励賞ならびに日本農学賞の候補者の推薦(自薦,他薦)を受け付けています.応募書類の締切は2020年7月10日(金)(必着)で,学会賞選考委員会による選考を行います.日本農学賞の推薦については,すでに日本作物学会賞を受けているものでも構いません.また,2件以上の推薦もできます.送付先以外の候補者推薦の詳細は,学会ホームページをご覧ください.

応募書類送付先:
〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域
日本作物学会学会賞選考委員会 委員長 中川博視
Tel: 029-838-8418
E-mail: nakagawa16@affrc.go.jp
(CC: snakano@affrc.go.jp(学会賞選考委員会幹事 中野聡史))
2020/05/08 積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成のご案内

積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム事務局より,「自然に学ぶものづくり研究助成」に関する公募情報が届いております.
応募締め切りは,6月30日(火)までです.
詳しくはこちらまたはHPをご参照ください.
2020/04/21 日本作物学会第250回講演会 9月3日開催取りやめのお知らせ

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大に伴い,蔓延防止の観点から,9月3日に名古屋国際会議場で開催予定だった日本作物学会第250回講演会を取りやめ,その代替措置について現在学会執行部で検討中です.詳細については,日本作物学会ウェブサイトの更新をお待ちください.
2020/04/06 キヤノン財団 2020年度研究助成プログラムのご案内

キヤノン財団より,研究助成プログラム「善き未来をひらく科学技術」および「新産業を生む科学技術」に関する公募情報が届いております.
電子申請期間は両プログラムとも,2020年6月1日10時から2020年6月30日15時です.
詳しくはこちらをご覧ください.
2020/04/01 日本学術振興会 育志賞受賞候補者の推薦依頼

日本学術振興会より「育志賞」受賞候補者の申請が6月上旬に予定されています.

学会長推薦を希望される方は,育志賞推薦書等様式一覧等をご覧のうえ,必要書類を 2020年5月11日(月)までに庶務幹事(shomu@cropscience.jp )にご送付ください.

参考:日本学術振興会
育志賞の概要 −優秀な大学院博士課程学生の顕彰・支援−
2020/03/16 秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科(土壌環境学)准教 授公募のお知らせ(締切:2020年6月1日)

秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科 陸域生物圏グループ (土壌環境学分野)では,2020年(令和2年)10月着任の准教授を募集していま す(締切:2020年6月1日).

詳しくはこちらをご覧ください.
2020/02/27 2020-2021年度 会長・評議員選挙の結果について


2020-2021年度 会長・評議員選挙の結果
2020/02/26 中国作物学会からメッセージが届きました

中国作物学会のJianmin Wan会長から日本作物学会員に宛てて新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に関したメッセージが届きましたのでお知らせします.中国ではCOVID-19克服のために奮闘中であること,このことを含め今後も国際協力を望んでいることが述べられております.
2020/02/20 【受賞】「2020年度日本農学賞・読売農学賞」森田茂紀会員

このたび,本学会会員の森田茂紀氏に対し2020年度日本農学賞 ・読売農学賞が授与されることが決定しましたのでお知らせいたします.

受賞者: 森田茂紀
所属・職名: 東京農業大学・教授
業績タイトル: 根のデザイン −根学の確立と応用展開−

日本農学会HP(2020年度日本農学賞受賞者)
2020/01/24 令和2年度農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究の公募について(締切:令和2年3月12日(水)17時まで)

農林水産省農林水産技術会議より,品種多様性拡大に向けた種子生産の効率化技術の開発に関する公募情報が届いております.

事業概要は以下の通りです.

種子生産は,真夏の異茎株抜き取りなど,異品種や病気の混入を防ぐ作業に大きな労力が必要となります.また,種子生産を担う農家はとりわけ高齢化が著しく,充実種子生産のためには独特の高度な栽培技術が求められることから,新規参入が難しいため,後継者不足となっています.その一方で,作期分散や食の多様化への対応等のため種子生産農家が取扱う品種の数は増え続けており,種子生産現場は慢性的な人手不足となっています.
本事業では,異品種・被害粒の混入がなく,発芽揃いの良い健全な種子の安定生産に資するため,種子生産現場で使いやすい省力的な高純度・高品質種子生産技術や,若手農業者・新規事業者への技術継承を促す支援ツールを開発します.

詳しくはこちらをご覧ください.
2020/01/22 香川大学 農学部 応用生物科学科の助教(食料生産学領域)公募のお知らせ(締切:2020年3月2日(必着))

香川大学農学部応用生物科学科では,2020年(令和2年)10月1日以降着任の助教(食料生産学領域)を募集しています.

詳しくはこちらをご覧ください.
2020/01/17 第10回アジア作物学会議(ACSAC10)要旨の電子投稿を受け付けています

日本作物学会が主催する第10回アジア作物学会議(ACSAC10)(2020年8月31日〜9月3日開催)の 要旨の電子投稿を受付中です.

要旨の電子投稿へのリンク
http://acsac10.org/abstract_submission.html

要旨の投稿規定へのリンク
http://www.acsac10.org/call_for_abstracts.html

口頭発表,ポスター発表の要旨は2020年2月28日まで受け付けています. 期限までに投稿された発表者のうち,学生,若手研究者を対象とした優秀発表賞も設けていますので, ぜひお早めに要旨の電子投稿をお願いします.

ACSAC10のウェブサイトも日々更新中.ぜひチェックしてください.
http://acsac10.org/index.html
2020/01/14 2020年度第1回「先進ゲノム支援」支援課題の公募について(締切2020年2月13日正午)

国立遺伝学研究所 先端ゲノミクス推進センター「先進ゲノム支援」より,2020年度第1回「先進ゲノム支援」支援課題の公募情報が届いております.

詳しくは,こちらをご覧ください.