アジア作物学会   English
みんなと作物学 会員の活動紹介 出版物 講演会 和文誌 英文誌 PPSナビ
HOME
本学会について
会則
組織
入会・会費案内
賛助会員募集
広告募集
お問い合わせ
会員のみなさまへ
会長挨拶
学会賞
メーリングリスト
賛助会員
男女共同参画
講演会
学会誌
投稿料無料
英文誌 PPS
review
和文誌 日作紀
総説一覧
和文誌 ミニレビュー一覧
関連シンポジウム・集会
海外開催案内
海外参加報告
国内開催案内
国内参加報告
国内の関連学会講演会
若手研究者海外学会出席助成
関連リンク集
支部会
北海道
東北
関東
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
HOME > 更新履歴
更新履歴
2018/09/21 2018年度「先進ゲノム支援」情報解析講習会のご案内

「先進ゲノム支援」では支援活動の一環として情報解析講習会を開催しています.
今年度は,中級者向けの講習会として,プログラミング言語「Python」を用いたRNA-seqデータの視覚化や多変量解析等のプログラミング実習を中心に,以下の要領で情報解析講習会を開催いたします.

日  時:2018年11月19日(月)13:00 〜11月21日(水)13:00
会  場:国立遺伝学研究所 (静岡県三島市谷田1111)
募集人員:若手研究者20名程度(想定スキルレベル 情報解析中級者)
申込〆切:2018年10月16日(火)
参加費 :無料

詳細につきましては、下記のホームページをご覧ください.
https://www.genome-sci.jp/whatsnew/event/news20180920.html
2018/09/11 国際農林水産業研究センター特別研究員の公募について

国際農林水産業研究センター(JIRCAS)より,特別研究員の公募が届いております.詳しくはこちらをご覧ください.
2018/08/17 2019年度笹川科学研究助成の公募のご案内

2019年度笹川科学研究助成の公募の案内が届いております.
詳しくは、こちらまたは告知ポスターをご覧ください.
2018/08/07 東北大学農学研究科 植物遺伝育種学分野の公募について

締め切りは(9月28日必着)です.詳しくはこちらをご覧ください.
2018/08/02 三井物産環境基金「2018年度募集に関する説明会」開催のご案内

三井物産環境基金事務局から「2018年度募集に関する説明会」の開催案内が届いております.詳しくは,こちらをご覧ください.
2018/08/01 龍谷大学農学部 資源生物科学科 専任教員の公募について

締め切りは(9月20日必着)です.詳しくは,採用情報HPまたは,募集要項をご覧ください.
2018/07/25 摂南大学農学部 専任教員募集

締め切りは、2018年8月20日です.詳しくは、教員公募要項 および大学HPをご覧ください.
2018/07/24 第40回(平成30年度)沖縄研究奨励賞受賞候補者の推薦依頼について

公益財団法人沖縄協会より「第40回(平成30年度)沖縄研究奨励賞」受賞候補者の推薦依頼が届いております.同協会のウェブサイトをご覧のうえ,応募を希望する場合は庶務幹事(shomu@cropscience.jp)まで必要書類をご送付ください.学会長の推薦が必要ですので庶務幹事宛の締め切りは2018年8月31日(金)とします.
2018/07/13 日本作物学会賞,技術賞,研究奨励賞,日本農学賞の候補者推薦の締切日の延長 (7/31まで)

日本作物学会賞,日本作物学会技術賞,日本作物学会研究奨励賞ならびに日本農 学賞の候補者の推薦(自薦,他薦)の受付について,7月31日(火)まで延長いた します.
応募書類の送付先は以下の通りです.皆様の積極的な推薦をよろしくお願いいた します.

応募書類送付先: 〒020-0198 盛岡市下厨川字赤平4
農業・食品産業技術総合研究機構
東北農業研究センター 生産環境研究領域
日本作物学会学会賞選考委員会 委員長 長谷川利拡
Tel: 019-643-3462 Fax: 019-641-7794
E-mail:thase@affrc.go.jp
2018/07/11 新潟食料農業大学 食料産業学部食料産業学科の教員の公募について

締め切りは(8月21日)です.詳しくは新潟食料農業大学HPまたはこちらをご覧ください.
2018/07/06 日本学術振興会「第11回HOPEミーティング ―ノーベル賞 受賞者との5日間―」参加募集のご案内について

HOPEミーティングは、アジア・太平洋・アフリカ地域から選抜された優秀な博士課程(後期)学生と若手研究者が、ノーベル賞受賞者等の著名研究者や同世代の参加者と交流を深める5日間の合宿形式の国際会議です. 毎年3月初旬頃に開催し,次回で11回を数えるまでになりました.

●会議期間:2019年3月4日(月)〜8日(金)
●対  象:博士課程(後期)学生/若手研究者(学位取得後5年未満)
●申請締切:8月8日(水)本会必着

※チラシはこちら

詳細につきましては、下記のホームページをご覧ください.
http://www.jsps.go.jp/hope/gaiyou11.html
2018/06/29 宮城大学食産業学群 食資源開発学類 作物学・栽培学分野の教員の公募について

締め切りは(8月17日必着)です.詳しくはこちらをご覧ください.
2018/06/25 国際農研研究職員(若手育成型任期付研究員) の公募について

締め切りは7月2日(月曜日)(17:00)です.詳しくはこちらをご覧ください.
2018/06/18 静岡県立農林環境専門職大学(仮称)専任教員公募について

締め切りは2018年7月17日(火曜日)(17時必着)です.詳しくはこちらをご覧ください.
2018/06/05 平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞授賞候補者の推薦依頼について

文部科学省より「文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.(「若手科学者賞」は平成31年4月1日40歳未満対象)
平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご送付ください.締め切りは2018年7月2日(月)です.学会賞選考委員会の議を経て学会長推薦といたします.
2018/05/30 コメ中無機ヒ素の簡易分析」受講者募集について

農林水産省農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センターでは,産学官の分析実務(予定)者や行政機関で規制・指導を行う者(分析経験の有無は不問)を対象とした第212回農林交流センターワークショップ「コメ中無機ヒ素の簡易分析」を開催します.

本ワークショップでは,市販の試薬,汎用機器を用いて安価・簡易にコメ中無機ヒ素を定量する技術を講義や実習を通じて習得できる機会を提供します.

【日 時】 2018年8月2日(木)〜8月3日(金)
【場 所】 筑波農林研究交流センター(茨城県つくば市観音台2-1-9)
【申込締切】 2018年7月3日(火)

詳細につきましては,下記のホームページをご覧ください.
http://www.affrc.maff.go.jp/tsukuba/top/event/workshop/ws_2018/212ws.html
2018/05/23 先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)平成30年度の前期支援の公募について(締切6月20日(水))

先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)事務局から, 「平成30年度の前期支援の公募」案内が届いております. 締切は2018年6月20日(水)です.
詳しくはこちらをご覧ください.

ウェブサイトURL: http://www.nibb.ac.jp/abis/
2018/05/21 日本農学進歩賞候補者の推薦依頼について(10月1日40歳未満対象)

公財)農学会より第17回「日本農学進歩賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.

日本農学進歩賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご送付ください.締め切りは2018年7月2日(月)必着です.
2018/05/16 平成30年度JABEE農学系分野審査講習会のご案内

日時:2018年6月30日(土) 9時45分〜17時30分
場所:東京大学弥生講堂 一条ホール

この研修会はJABEE公認で,研修会の参加修了者はJABEE審査員候補者として登録され,本審査のオブザーバー参加を経て審査員の資格が得られます.

講習会に参加を希望する場合は,庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご連絡ください.締め切りは2017年6月8日(金)です.なお,参加費3,000円は学会から援助します(懇親会参加費は自己負担となります).

講演会の詳細はここここをご覧ください(参加申し込みは庶務幹事がまとめて行います).

JABEE(ジャビー.一般社団法人日本技術者教育認定機構とは技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体です.
日本作物学会はJABEEの正社員であり,学会員から審査員を派遣するなど,技術者教育プログラムの認定審査に携わっています.
2018/05/15 第27回木原記念財団学術賞の候補者推薦依頼について(平成30年9月30日時点で50歳以下対象)

(公財)木原記念横浜生命科学振興財団より「第27回木原記念財団学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.木原記念財団学術賞は生命科学の分野で優れた独創的研究を行なっている国内の研究者で50歳以下(平成30年9月30日現在)の者を対象とします.木原記念財団学術賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(shomu@cropscience.jp )までご送付ください.締め切りは2018年8月24日(金)です.推薦は学会から1名となっており,学会賞選考委員会の議を経て学会長推薦といたします.
2018/05/14 「積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成」募集(2018年度)

1. 募集対象:自然に学んだ基礎サイエンスの知見を活かし,「自然」の機能を 「ものづくり」に活用する研究
2. 助成件数・金額
 
@ 「ものづくりテーマ」 1件あたり最大500万円 7テーマ程度
社会課題の解決に向け短中期的に実用化に進む研究
過去に当助成を受けた研究(ステップアップ)も応募が可能です.
A 「基盤研究テーマ」  1件あたり最大300万円 5テーマ程度
独創的・先駆的研究,挑戦的萌芽研究
  上記@A合わせた助成総額2,500万円
3. 助成研究期間:2018年10月〜2019年9月
4. 募集期間:2018年5月7日(月)より6月29日(金)
5. 結果通知:2018年9月上旬
6. 応募方法:積水化学ホームページをご覧ください.

http://www.sekisui.co.jp
応募窓口は
http://www.sekisui.co.jp/news/2018/1321165_31754.html

積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム事務局
(株)積水インテグレーテッドリサーチ 内藤・辻・井元
〒601−8105 京都市南区上鳥羽上調子町2番地の2
tel.075-662-8604 fax:075-662-8605
E-mail shizen@sekisui.com
2018/05/09 日本作物学会賞関連,日本農学賞候補者応募書類の送付先について

日本作物学会賞,日本作物学会技術賞,日本作物学会研究奨励賞ならびに日本農学賞の候補者の推薦(自薦,他薦)を受け付けています.応募書類の締切は2018年7月13日(金)(必着)で,学会賞選考委員会により選考を行います.日本農学賞の推薦については,すでに日本作物学会賞を受けているものでも構いません.また,2件以上の推薦もできます.候補者推薦の詳細はこちらをご覧ください.

応募書類送付先: 〒020-0198 盛岡市下厨川字赤平4
農業・食品産業技術総合研究機構
東北農業研究センター 生産環境研究領域
日本作物学会学会賞選考委員会 委員長 長谷川利拡
Tel: 019-643-3462 Fax: 019-641-7794
E-mail:thase@affrc.go.jp
2018/05/01 三島海雲学術賞候補者の推薦依頼について(平成31年4月1日時点で45歳未満対象)

三島海雲記念財団より「三島海雲学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.三島海雲学術賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を 庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご送付ください.締め切りは2018年7月6日(金)です.
2018/05/01 三島海雲学術賞候補者の推薦依頼について(平成31年4月1日時点で45歳未満対象)

三島海雲記念財団より「三島海雲学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.三島海雲学術賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を 庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご送付ください.締め切りは2018年7月6日(金)です.
2018/04/26 2018年度「先進ゲノム支援」支援課題の公募

文部科学省科学研究費助成事業「新学術領域研究『学術研究支援基盤形成』」先進ゲノム支援(先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム)では,最先端のゲノム解析及び情報解析技術を開発・整備し,多様な科研費課題に提供して支援することにより,我が国のゲノム科学ひいては生命科学のピーク作りとすそ野拡大を進めることを使命としています.本公募はそのような支援に相応しい科研費課題を募るものです.
2018年度の「先進ゲノム支援」支援課題の申請受付を以下の日程で行います.

1. 公募要項や支援申請書様式
下記URLをご参照ください.
https://www.genome-sci.jp/whatsnew/news/news20180423.html
2. 募集期間
平成30年5月7日(月)〜 6月1日(金)正午
3. 支援の対象となる研究課題
2018年度文部科学省・科学研究費補助金(新規・継続)に採択されている研究課題
4. 支援できる内容
次世代シーケンサーや1細胞解析装置を駆使した配列決定に基づく多様な技術による支援を実施します. 支援技術一覧:新規ゲノム解析,変異解析,修飾/エピゲノム解析,RNA解析,メタ・環境・ホロゲノム解析,超高感度解析,情報解析
5. 支援対象課題の選定
「先進ゲノム支援」領域外の有識者から構成される支援審査委員会で行います.
6. お問合せ先
先進ゲノム支援事務局
E-mail: genome-sec@genome-sci.jp
https://www.genome-sci.jp/
2018/04/26 革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)の追加公募について

当事業は設定した公募課題に沿う提案を公募するものであり,公募課題の1つに「超省力安定多収直播栽培技術の開発」があります.この課題は,自動飛行ドローンによる播種と効果的な雑草抑制法を組み合わせる等,画期的な新技術を導入することで,超省力性と安定多収性を両立させた水稲の直播栽培体系を確立するものです.開発する技術を現場で実証していただく3年間の実証研究事業となります.

詳しくはこちらをご覧ください.
参考:〜日本の 農業,もっと強く.〜
2018/04/25 日本作物学会優秀発表賞の選考について

本学会は,若手海員の資質向上のために,優秀発表賞を設けていますが,できる限り多くの会員に受賞の機会が開かれるように,選考にあたっては下記のような申し合わせ条件を設けました.第246回講演会からの選考に適用させていただきますのでご案内申し上げます.

1. 口頭発表は2課題以上発表できるので,同一エントリー者が複数課題で上位5名に入った場合には,得点の高い方のみの1課題を優秀発表賞とする
2. 口頭発表とポスター発表の両方にエントリーして,両方で上位5名となった場合はより上位になった方(同順の場合はより点数の高い方)のみで表彰する
3. 授賞回数の上限を,口頭,ポスターのいずれにおいても3回までとする
2018/04/25 「遠山椿吉記念 食と環境の科学賞」募集について

一般財団法人東京顕微鏡院より「遠山椿吉記念 食と環境の科学賞」募集が届いております.遠山椿吉賞ページをご覧ください.締め切りは2018年 6月30日(消印有効)です.

参考:(遠山椿吉賞ページ)
http://www.kenko-kenbi.or.jp/koueki/koueki-chinkichi/
(プレスリリース)
http://www.kenko-kenbi.or.jp/uploads/pressrelease_20180323.pdf
(ご案内)
http://www.kenko-kenbi.or.jp/uploads/tooyama2018_guide.pdf
2018/04/24 「農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 水田作研究領域 大豆育種グループ 任期付職員(研究職員1名)募集のお知らせ」


応募書類の締切日は2018年5月16日(水)です.詳しくは「こちら」をご覧ください.
2018/04/23 第211回農林交流センターワークショップ 「メッシュ農業気象データ利用講習会」受講者募集について

農林水産省農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センターでは, 産学官で研究・開発に従事されている方で、気象データの農業利用について ご関心のある方を対象とした,第211回農林交流センターワークショップ 「メッシュ農業気象データ利用講習会」を開催致します.
本ワークショップは,メッシュ農業気象データについて理解するとともに, プログラミング言語Pythonや表計算アプリでこれを処理する技術を習得できる 機会を提供します.

【日  時】 2018年6月28日(木)〜6月29日(金)
【場  所】 農研機構 食と農の科学館「オリエンテーションルーム」
(茨城県つくば市観音台3-1-1)
【申込締切】 2018年5月24日(木)

詳細につきましては,下記のホームページをご覧ください.
http://www.affrc.maff.go.jp/tsukuba/top/event/workshop/ws_2018/211ws.html
2018/04/11 日本学術振興会 育志賞受賞候補者の学会長推薦について

日本学術振興会より「育志賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.

育志賞推薦書等様式一覧等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を 庶務幹事(shomu@cropscience.jp)までご送付ください.締め切りは2018年 5月11日(金)です.

参考:日本学術振興会 育志賞の概要 −優秀な大学院博士課程学生の顕彰・支援−
2018/04/04 キヤノン財団 第10回研究助成プログラム「理想の追求」に関する公募情報のご案内

一般財団法人キヤノン財団より、第10回研究助成プログラム「理想の追求」に関する公募情報が届いております.
詳しくは(http://www.canon-foundation.jp/)をご覧ください.
2018/04/04 キヤノン財団 第10回研究助成プログラム「産業基盤の創生」に関する公募情報のご案内

一般財団法人キヤノン財団より、第10回研究助成プログラム「産業基盤の創生」に関する公募情報が届いております.
詳しくは(http://www.canon-foundation.jp/)をご覧ください.
2018/04/02 学会事務局移転について

学会事務局は平成30年4月から下記に移転します.

庶務幹事
廣瀬竜郎 (正) 農研機構・中央農業研究センター
石丸 努 (副) 農研機構・中央農業研究センター

会計幹事
塚口直史 (正) 石川県立大学生物資源環境学部
大角壮弘 (副) 農研機構・中央農業研究センター
2018/03/22 キヤノン財団 2018年 研究助成公募のお知らせ

キヤノン財団より,「産業基盤の創生」,「理想の追求」という科学技術を中心とした2つの研究助成プログラムに関するお知らせが届きましたので,ご案内致します.
本年度第10回募集(2018年募集)の募集案内は4月上旬に開示し,6月1日より募集を開始する予定とのことです.
また「理想の追求」のテーマは,昨年に引き続き「食に関する研究」とのことです.
詳しくは,キヤノン財団のHPをご覧ください.
2018/03/14 情報・システム研究機構国立情報学研究所 研究教育職員の公募について

締め切りは2018年5月31日(必着)です.詳しくはこちらをご覧ください.
2018/03/14 北海道立総合研究機構 研究職員募集について

平成30年度研究職員採用試験(平成31年度採用)の総合案内を掲載しました.
第1次試験は平成30年6月17日(日)で,試験会場は札幌会場と東京会場の2カ所です.
詳しくはこちらをご覧ください.
2018/03/07 農研機構 平成31年度新規職員採用のお知らせ

農研機構では,平成31年4月採用研究職員並びに一般職員の募集を開始いたしました. 応募締切は5月中旬を予定しております.
詳細については,こちらをご覧ください.
2018/03/07 農研機構 若手任期付研究職員募集のお知らせ

農研機構では,平成30年10月採用若手任期付研究員14名 (3年任期) を募集しています.応募書類の締切日は2018年4月23日(月)です.
詳細については,こちらをご覧ください.
2018/03/06 日本学術会議提言「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取り扱い」について

日本学術会議から,遺伝資源分科会及び農学分野における名古屋議定書関連検討分科会が合同で,「国内外の学術団体や研究者並びに政府と連携して,生物多様性条約と名古屋議定書の対象にデジタル配列情報を含めることに反対し,条約と議定書の目的達成のための実効性ある体制を整備すること」を求める提言を取りまとめたとのお知らせがありました. 今回の提言では世界中の科学者がこの問題の議論に加わるべきと主張しています.今後の国際交渉のため,本提言を国外に発信された場合は日本作物学会事務取扱所(cssj-jim@cropscience.jp )まで発信先をご連絡ください.

提言のPDFは,以下のURLからダウンロードできます.
和文 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t258.pdf
英文 http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t258e.pdf
2018/02/27 「第34回国際生物学賞受賞候補者の推薦依頼について

日本学術振興会より,「国際生物学賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.

本年の授章分野は「古生物学(Paleontology)」です。日本学術振興会のホームページをご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(中村聡,nakamurs@myu.ac.jp)までご送付下さい.締め切りは2018年3月20日(火)です.
2018/02/27 「第15回(平成30年度)日本学術振興会賞受賞候補者の推薦依頼について

日本学術振興会より,「日本学術振興会賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.

対象分野は人文学、社会科学及び自然科学にわたる全分野です.

応募資格は平成30年4月1日現在,以下の1)から3)の条件を満たす方です.
(1)次のa)またはb)を満たすこと.
a) 日本国籍を有する者
  b) 外国人であって推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており,今後も継続して我が国で研究活動を予定している者
(2)45歳未満であること
(3) 博士の学位を取得していること(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含む)
(注,海外在住の日本国籍を有する研究者も,対象としています.)
※個人推薦も受け付けています.

日本学術振興会のホームページをご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(nakamurs@myu.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2018年3月20日(火)です.
2018/02/27 「2018-2019年度 会長・評議員選挙の結果について

2018-2019年度 会長および評議員選挙の結果
2018/02/26 「北海道立総合研究機構 研究職員募集について

・平成31年度採用の研究職員募集を昨年度に準じて予定しています.
 特に「作物育種及び栽培技術に関する調査研究」に関する研究職員を公募します.採用人数等の詳細は改めてお知らせします.
・当機構の研究職員採用情報については,こちらをご覧ください.
・平成30年3月10日(土)に「道総研研究職員採用セミナー」を開催します.
2018/02/20 「Plant Production ScienceのSpecial Issueへの投稿募集案内

Plant Production Science誌では現在,下記2件のSpecial Issueに対する投稿を 受け付けています.
多くの会員の皆様からのご投稿をお待ちしています.

1. Plant Production Research for Rural Development: Effective use of agricultural machinery for optimising cropping systems
「地域農業発展のための作物生産研究:作付体系最適化のための農業機械の効率 的な利用」

2. Field Experimental Evaluation of Crop Response to Climate Change
「気候変動に対する作物応答の圃場実験による評価」
2018/02/20 「摂南大学農学部 専任教員募集

締め切りは、2018年4月13日(必着)です.
詳しくは、教員公募要項 および大学HPをご覧ください.