アジア作物学会   English
みんなと作物学 会員の活動紹介 出版物 講演会 和文誌 英文誌 PPSナビ
HOME
本学会について
会則
組織
入会・会費案内
賛助会員募集
広告募集
お問い合わせ
会員のみなさまへ
会長挨拶
学会賞
メーリングリスト
賛助会員
男女共同参画
講演会
学会誌
投稿料無料
英文誌 PPS
review
和文誌 日作紀
総説一覧
和文誌 ミニレビュー一覧
関連シンポジウム・集会
海外開催案内
海外参加報告
国内開催案内
国内参加報告
国内の関連学会講演会
若手研究者海外学会出席助成
関連リンク集
支部会
北海道
東北
関東
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
HOME > 更新履歴
更新履歴
2016/12/27 北海道立総合研究機構 研究職員募集について

平成30年度の研究職員募集を昨年に準じて予定しています.
採用人数等の詳細は改めてお知らせします.
なお、採用情報と昨年度の募集要項は次のウェブサイトでご覧いただけます.

・当機構の研究職員採用情報について
http://www.hro.or.jp/hro/recruit/recruit/index.html

・平成29年度の研究職員採用試験募集要項について
http://www.hro.or.jp/hro/recruit/recruit/bosyuuyoukou_kennkyuuH28.4.1.pdf
2016/12/21 静岡大学学術院農学領域共生バイオサイエンス系列 助教1名募集

締め切りは2017年1月31日必着です.詳しくはこちらをご覧ください.
2016/12/14 三島海雲記念財団 平成29年度学術研究奨励金(助成)事業に関する公募情報のご案内

三島海雲記念財団から平成29年度学術研究奨励金の(助成)事業に関する公募情報 が届いております.

詳しくは三島海雲記念財団のHP内の応募要項応募手順をご覧ください.
2016/12/13 東京農業大学生物資源ゲノム解析センター 「生物資源ゲノム解析拠点」 平成29年度共同研究公募

東京農業大学生物資源ゲノム解析センター 「生物資源ゲノム解析拠点」から平成29年度共同研究公募要項が届いております.締切は,2017年1月18日(必着)です.詳しくはHPをご覧ください.
2016/12/6 環境科学技術研究所 任期付研究員(環境影響研究) 4名公募

締め切りは2017年1月18日必着です.詳しくは こちらをご覧ください.
2016/11/25 日本作物学会紀事の表紙デザインの変更について

日本作物学会紀事の表紙は,第77巻1号から,水稲の写真を帯状に配置するデザインですが,第86巻第1号(2017年1月発行)から,英文誌(Plant Production Science)と同様,写真を方形に配置するとともに,毎号取り替えることを和文誌編集委員会で決定しました.写真は当該号に掲載した研究論文や総説等に関係するものの中から必要枚数を編集委員会事が選ぶことになりました.
2016/10/26 タカノ農芸化学研究助成財団 平成29年度研究助成対象者募集

タカノ農芸化学研究助成財団から平成29年度研究助成対象者の募集案内が届いております.申請期間は,2017年1月15日から3月10日(必着)です.
詳しくはここをご覧ください.
2016/10/12 バイオテクノロジー関連の学術雑誌(「月刊 アグリバイオ」)創刊のご案内)

株式会社 北隆館が,農業産業に関わるバイオテクノロジーの学術専門雑誌『月刊  アグリバイオ』(編集委員長 別府輝彦 東京大学名誉教授)を創刊します.
毎号,特集を組んで有益な論文を積極的に掲載し,農業産業に関わるバイオテク ノロジーの先駆的な研究を広く紹介していくとのことです.

購読に関する情報
株式会社 北隆館
「アグリバイオ」注文書
2016/10/06 「岐阜大学応用生物科学部 作物栽培学分野 助教1名募集」

締切は11月4日となっています.公募期間が短くなっておりますのでご注意ください.

詳しくはこちらをご覧ください.
2016/08/29 「作物学会第242回講演会事務局からのお知らせ」

日本作物学会会員各位

時節柄,サンプリングや調査に皆様お忙しいことと思いますが,第242回講演会が近づいて参りました.運営委員長の龍谷大学 猪谷先生から会員の皆様への講演会のご案内をお届け致します.

会場周辺の宿泊施設にはまだかなり余裕があるとの ことです.魅力的なシンポジウム,エクスカーションが計画されており,エクスカーションのバス席にも余裕があるとのことですので,多数のご参加をお待ちしています.

詳細は,こちらをご覧ください.

作物学会広報委員会
2016/08/24 「農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター 生産体系研究領域 任期付職員(研究職員) 1名公募」

締め切りは2016年9月2日必着です.詳しくは こちらをご覧ください.
2016/08/09 「第242回講演会時の見学会の参加申込期限が8月31日に延期されました」

講演会時に開催する見学会(エキスカーション)の参加者数の枠(最大45人)にま だ十分に余裕があります.見学会の申し込み締め切りを8月 31日(水)まで延期いたしますので,滋賀の農業,環境,6次化,食など に関する本見学会に,是非ご参加ください.

お申し込みは,講演会事務局(daimon15@agr.ryukoku.ac.jp )までメールでお願いい たします.
2016/08/05 「第242回講演会(2016年9月10-11日)における小集会のご案内」

第242回講演会(龍谷大学瀬田キャンパス)では,以下の2つの小集会を開催いた します.ふるってご参加ください.

1.『若手の会企画による小集会(21)』

【昼の部】開催日時:2016年9月11日(日) 12:00-13:00
〈若手の会ってどんな会?〉
「同年代の知り合いを作りたいけれどもチャンスがない」,「若手の会って何を やっている会なのだろう?」,そのような方のために,若手研究者が集まって交 流する機会を設けました.お昼ご飯を持参のうえお気軽に参加ください.若手の 会に関する紹介もします.

【夕方の部】開催日時:2016年9月11日(日) 16:00-18:00
〈パートナークロップ自慢〜将来を担う作物とは?〜〉
作物学会には様々な作物を対象としている研究者が在籍していますが,自分の 作物以外の研究について知る機会は意外と少ないのではないでしょうか.本小集 会では,様々な作物の研究者に自身の扱っているパートナークロップについて PRして頂くとともに,その作物研究の現在・将来についてお話して頂きます.

〈発起人〉
小林俊造・迫田和馬・萩原 輝・橋田庸一・牧夏 海・水田圭祐

2.『畑作と畑作物の研究方向(2)いも類の多収を考える」』

開催日時:2016年9月11日(日)16:00-18:00

〈北農研におけるバレイショ多収化への取組−地上部生育との相互作用と輪作体 系を考慮した検討方向〉
話題提供者:辻 博之・津田昌吾(農研機構 北海道農業研究センター)

〈過去の資料や育種試験成績からサツマイモの多収研究について考える〉
話題提供者:田中 勝(農研機構 九州沖縄農業研究センター)

〈発起人〉
辻 博之・臼井靖浩・林 怜史・鈴木崇之・境 哲文・小柳敦史・中元朋実

2016/07/27 「第9回アジア作物学会議について」

第9回アジア作物学会議(韓国:2017年6月5〜7日)のホームページが開設されましたので、お知らせします.

http://acsac2017.com
2016/07/20 『「ARO博士研究員奨学金プログラム」日本・イスラエル間の農業分野での交流促進へ 』についてのご案内

イスラエル大使館より,日本国内の特定大学・研究機関 で博士課程を修了した日本人研究者を対象した奨学金プログラムのご案内が届きましたのでお知らせいたします.

詳しくはこちらでご確認ください.
2016/07/18 「第243回講演会(2017年春)のミニシンポジウム課題の公募」

日本作物学会シンポジウム委員会では,下記のように,2017年3月29〜30日に開催予定の第243回講演会(東京大学農学部弥生キャンパス)におけるミニシンポジウム課題を公募します.
代表者は,氏名,所属,連絡先,全体のテーマ,全体の時間を記載した文書を下記のシンポジウム委員長までお送りください.
話題提供者には,会員でない方を含めることができます.企画および運営は代表者に一任します.
課題の数やバランスなどを考慮しながらシンポジウム委員会が調整を行い,同委員会から,その結果についてお知らせします.
なお,ミニシンポジウムの要旨は,講演会要旨集および日本作物学会紀事にシンポジウムの要旨であることを明記して掲載します.

<ミニシンポジウムの申し込み先および手続きの日程>
〒981-8555
仙台市青葉区堤通雨宮町1-1
東北大学大学院農学研究科作物学研究室
本間 香貴
E-mail koki.homma.d6@tohoku.ac.jp
Tel 022-717-8940 Fax 022-717-8637
*書類は,郵送およびE-mailのどちらでもかまいません.
締め切り 2016年8月26日(金)
結果通知 2016年9月23日(金)
2016/07/18 「日本作物学会賞関連,日本農学賞候補者推薦依頼の締切り延長」

日本作物学会賞,日本作物学会技術賞,日本作物学会研究奨励賞ならびに日本農学賞の候補者の推薦(自薦,他薦)の受け付けについて,7月31日(日)まで延長いたします.
応募書類の送付先は以下の通りです.積極的な推薦を宜しくお願いいたします.

学会賞候補応募書類の送付先
大門弘幸(学会賞選考委員長)
〒520-2194
滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5
龍谷大学農学部
TEL 077-599-5698
E-mail daimon15@agr.ryukoku.ac.jp
学会賞選考委員長
大門弘幸
2016/07/15 「平成29年度笹川科学研究助成の公募について」

公益財団法人日本科学協会より平成29年度笹川科学研究助成の募集要項が届いております。締切は、2016年10月14日(必着)です.
詳しくはHPをご覧ください.
2016/07/15 「東京農業大学生物資源ゲノム解析センター 「生物資源ゲノム解析拠点」 平成28年度 (後期)共同研究公募」

東京農業大学生物資源ゲノム解析センター 「生物資源ゲノム解析拠点」から平成28年度 (後期)共同研究公募要項が届いております.
締切は、2016年8月19日(必着)です.詳しくはHPをご覧ください.
2016/07/05 「第38回(平成28年度)沖縄研究奨励賞受賞候補者の推薦依頼について」

公益財団法人沖縄協会より「第38回(平成28年度)沖縄研究奨励賞」受賞候補者の推薦依頼が届いております.

公益財団法人のホームページをご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(nakamurs@myu.ac.jp )までご送付ください.

応募開始:2016年7月15日(金) 締め切りは2016年8月31日(水)です.
2016/07/05 「日本学術会議『東日本大震災に係る学術調査・研究活動に関するアンケート』について」

日本学術会議より,「東日本大震災に係る学術調査・研究活動に関するアンケート」への協力依頼がきております.このアンケートは,東日本大震災に関する学術調査・研究活動を行った研究者個人(またはグループ)に協力を依頼するものです.ご協力頂ける方は,下記のURLのアンケート回答画面からウェブ上で,期限まで回答して頂くようお願いいたします.

URL: http://www.numa.iis.u-tokyo.ac.jp/taka/tyousa2/top.php
回答期限:平成28年7月20日(水)午後5時

なお,本アンケートに関する問い合わせは,下記のURLの問い合わせフォームよりお願いいたします.
URL:https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0065.html
2016/07/01 「地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 技術職員 若干名公募」

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所では、技術職(農学)を若干名募集しています.
締め切りは2016年8月12日必着です.詳しくはこちらをご覧ください.
2016/06/24 「東京大学大学院 農学生命科学研究科附属生態調和農学機構 准教授1名募集」

締め切りは2016年8月24日必着です.詳しくは こちらをご覧ください.
2016/06/24 「日本作物学会九州支部では,熊本地震災害復興寄付金(支援金)を募集しています」

日本作物学会九州支部では,熊本地震災害復興寄付金(支援金)を募集しています.詳細については九州支部ホームページをご覧下さい.

寄付金は,本会にふさわしい復興支援対策の財源として活用致します.具体的には,被災地域支部会員の所属する農業研究・教育・振興に関連する機関の復興支援等が想定されますが,被災地域の状況と会員からの要請をもとに支部評議会で検討・決定し,収支は特別会計として支部総会・会報で報告いたします.
本寄付金(支援金)は,九州支部会員を対象に募集を行っているものですが,趣旨にご賛同いただけ,また,使途について九州支部にご一任いただける方がおられましたら受け付け致します.

熊本県,大分県においては,今なお余震が続いており,復興への道のりには厳しいものがありますが,本会としても出来るだけの支援をしていきたいと存じます.
被災された皆様のご健康と1日も早い復興を祈念致します.

日本作物学会九州支部長
望月俊宏
mochizuki@farm.kyushu-u.ac.jp
2016/06/23 「【日本作物学会公開シンポジウム】あんなかたち,こんなかたち,地域それぞれ人それぞれの6次産業(2016年9月10日開催)のご案内」

日本作物学会では第242回日本作物学会講演会において公開シンポジウムを開催い たします.事前申込や参加費は不要です.皆様の参加をお待ちしております.

日時:2016年9月10日13:00〜17:15
場所:龍谷大学瀬田キャンパス8号館(103教室)

ポスターはこちら
2016/06/23 「公益財団法人 環境科学技術研究所 任期付研究員(果樹系)1名募集」

締め切りは2016年8月17日必着です.詳しくは こちらをご覧ください.
2016/06/06 「岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター 持続型農業生産技術分野 教授1名募集」

締め切りは2016年7月4日必着です.詳しくはこちらをご覧ください.
2016/06/06 「木原記念財団学術賞の候補者推薦依頼について(平成28年9月30日現在50歳以下)」

木原記念横浜生命科学振興財団より「第25回木原記念財団学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.木原記念財団学術賞の概要等 をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(nakamurs@myu.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2016年8月26日(金)です.学会賞選考委員会の議を経て学会長推薦といたします.
2016/06/06 「文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞(2017年4月1日40歳未満)授賞候補者の推薦依頼について」

文部科学省より「文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.
平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(nakamurs@myu.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2016年7月1日(金)です.学会賞選考委員会の議を経て学会長推薦といたします.
2016/06/06 「日本作物学会賞関連,日本農学賞候補者応募書類の送付先について」

日本作物学会賞,日本作物学会技術賞,日本作物学会研究奨励賞ならびに日本農学賞の候補者の推薦(自薦,他薦)を受け付けています.応募書類の締切は7月15日(金)(必着)で,学会賞選考委員会により選考を行います.日本農学賞の推薦については,すでに日本作物学会賞を受けているものでも構いません.また,2件以上の推薦もできます.候補者推薦の詳細はこちらをご覧下さい.

学会賞候補応募書類の送付先
大門弘幸(学会賞選考委員長)
〒520-2194
滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5
龍谷大学農学部
TEL 077-599-5698
E-mail daimon15@agr.ryukoku.ac.jp
2016/06/03 「2016年度 新学術領域研究『先端バイオイメージング支援プラットフォーム』に関するお知らせ」

平成28年度より,文部科学省科学研究費助成事業 新学術領域研究(学術研究支援基盤形成)先端技術基盤支援プログラム「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」を発足いたしました.

本支援プログラムでは,生理学研究所・基礎生物学研究所を中核機関として,各種の先端・特殊イメージング機器を運用している国内連携機関がプラットフォームを組織し,生命科学研究領域において近年必要性が高まっている生物イメージングの先端的支援を行うことを目的としています.
今後6年間,皆様の研究に役立つことを目標に支援活動を運営してまいります.

本支援活動への応募受付を5月20日に開始いたしました.支援の内容・応募方法など,詳しくは本プラットフォームのウェブサイトをご覧ください.よろしくお願い申し上げます.

ウェブサイトURL:http://www.nips.ac.jp/bioimaging/

研究支援代表
自然科学研究機構 生理学研究所
研究連携センター 学術研究支援室
客員教授 狩野方伸
------
問い合わせ先
先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)事務局
〒444-8585岡崎市明大寺町西郷中38
Tel:0564-55-7804   E-mail:abis-office@nips.ac.jp
担当:丸山めぐみ(生理学研究所)真野昌二(基礎生物学研究所)
2016/05/30 「明治大学 農学部農学科 食用作物学 専任准教授または専任講師, 1名募集」

締め切りは2016年7月29日必着です.詳しくは こちらをご覧ください.
2016/05/20 「秋田県立大学 生物生産科学科 植物生態生理分野 教授または准教授, 1名募集 」

締め切りは2016年7月29日必着です.詳しくは こちらをご覧ください.
2016/05/19 「宮崎大学農学部応用生物科学科 植物栄養学•土壌学 准教授 1名募集」

締め切りは2016年6月24日必着です.
詳しくは 宮崎大学のHPまたはJRECINのHPをご覧ください.
2016/05/19 「日本農学進歩賞候補者の推薦依頼について(10月1日40歳未満対象)」

(公財)農学会より第15回「日本農学進歩賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.

日本農学進歩賞の概要等(農学会のホームページ)をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(nakamurs@myu.ac.jp )までご送付ください.締め切りは2016年7月4日(月)必着です.
2016/05/09 「2016年度 積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成募集のお知らせ」

1.募集対象: 自然に学んだ基礎サイエンスの知見を活かし,
「自然」の機能を,「ものづくり」に活用する研究
2.助成件数・金額: ①「ものづくりテーマ」
1件あたり最大300万円 5テーマ程度
  ②「基盤研究テーマ」
1件あたり150万円もしくは100万円 6テーマ程度
  独創的・先駆的研究,挑戦的萌芽研究
上記@A合わせた助成総額2,500万円
3.助成研究期間: 2016年10月〜2017年9月
4.募集期間: 2016年5月9日(月)より6月30日(木)
5.結果通知: 2016年9月上旬
6.応募方法: 積水化学ホームページをご覧ください.

積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム事務局
(株)積水インテグレーテッドリサーチ 白鳥,井元
〒601−8105 京都市南区上鳥羽上調子町2番地の2
tel:075-662-8604 fax:075-662-8605
E-mail:shizen@sekisui.com
2016/05/09 「三島海雲学術賞候補者の推薦依頼について(平成29年4月1日時点で45歳未満対象)」

三島海雲記念財団より「三島海雲学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.
三島海雲学術賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(nakamurs@myu.ac.jp)までご送付下さい.締め切りは2016年7月8日(金)です.
2016/04/18 「北海道立総合研究機構 研究職員(作物育種及び栽培技術に関する調査研究)1名募集」

締め切りは2016年6月14日(火)消印有効です。詳しくは北海道立総合研究機構HPの採用情報募集要項をご覧ください。
2016/04/18 「鹿児島大学農学部国際食料資源学特別コース農学系サブコース国際農学分野 特任准教授あるいは講師1名募集 」

締め切りは2016年4月28日(木)17時必着です。詳しくはこちらをご覧ください。
2016/04/15 「名古屋大学大学院生命農学研究科・生物圏資源学専攻資源生産生態学講座(作物科学研究分野) 助教(テニュアトラック教員)1名募集 」

締め切りは2016年7月8日(金)必着です。詳しくはここをご覧ください。
2016/04/12 「国際生物学賞受賞候補者の推薦依頼について」

日本学術振興会より,「国際生物学賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.

国際生物学賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(中村聡,nakamurs@myu.ac.jp )までご送付下さい.締め切りは2016年4月22日(金)です.
2016/04/11 「学会事務局移転について」

学会事務局は平成28年4月から下記に移転します.

庶務幹事
中村 聡 (正) 宮城大学食産業学部
中嶋孝幸 (副) 東北大学大学院農学研究科

会計幹事
川崎通夫 (正) 弘前大学農学生命科学部
姜 東鎮 (副) 弘前大学農学生命科学部附属生物共生教育研究センター
2016/04/07 「キヤノン財団研究助成について」

キヤノン財団の研究助成プログラム「産業基盤の創生」,「理想の追求」の本年 度の募集情報が下記に掲載されました.
http://www.canon-foundation.jp/

案内文書も合わせてご覧ください.
2016/04/07 「アースウォッチ野外調査プログラムの募集について」

アースウォッチは,人手が必要な野外調査に,一般市民をボランティアとして派 遣することにより,調査研究の人的支援を促進し,一般の方に研究への理解を深 めている認定NPO法人です.

重要度を増す環境保全分野に加え,自然環境の再生・修復・伝統的利用・循環を 追求する研究を広く支援し,研究の意義をより多くの市民に知っていただくため に,日本国内の調査プログラムに協働する研究が公募されます.

応募締切 2016年7月20日(水)

プログラム募集の詳細は
http://www.earthwatch.jp/for_researchers/sac_apply.html

現在協働している調査プログラム(日本国内)は
http://www.earthwatch.jp/pj_domestic/index.html
2016/04/01 「情報・システム研究機構国立情報学研究所研究教育職員 准教授又は助教 あわせて若干名募集」

締め切りは2016年6月30日(木)です。詳しくはここをご覧ください。
2016/03/30 「日本学術振興会 育志賞受賞候補者の学会長推薦について」

日本学術振興会より「育志賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.
http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/index.html

育志賞推薦書等様式一覧等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(nakamurs@myu.ac.jp )までご送付ください.締め切りは2016年5月13日(金)です.

参考:日本学術振興会 育志賞の概要―優秀な大学院博士課程学生の顕彰・支援
http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/gaiyo.html
2016/03/22 「【農研機構】(H29年4月1日現在で29歳以下)H29年度の試験採用のお知らせ」

農研機構から案内が参りましたので,お知らせします.

この4月から4法人が統合して,新たな農研機構としてスタートいたします. H29年度の試験採用枠は大幅に増えて,研究実施職員35名を募集することになっています.

詳しくは、ここをご覧ください.
2016/03/18 「【大学教員公募】東京大学大学院農学生命科学研究科 生圏システム学専攻 生物保全学講座 保全生態学専攻分野 特任助教 1名募集」

東京大学大学院農学生命科学研究科 生圏システム学専攻 生物保全学講座 保全生態学専攻分野 特任助教を 1名募集しています.応募締切は2016年4月28日(木)必着です.詳しくはこちらをご覧ください.
2016/03/08 「【PPS】Volume 19, Issue 1 が刊行されました」

2016年1月よりPPSはオンラインジャーナルとなりました.Volume 19, Issue 1 が刊行されましたので,お知らせします.
詳しくは,左帯にある Browse journal - 開けて - Current issue をクリックしてください.
2016/03/07 「遠山椿吉記念 第5回 食と環境の科学賞の募集案内について」

一般財団法人東京顕微鏡院より遠山椿吉記念 第5回 食と環境の科学賞の応募者募集の案内が届いております.
詳細は一般財団法人東京顕微鏡院ホームページでご確認ください.

応募期間は2016年4月1日より6月30日(消印有効)までです.
2016/03/01 「8th ACSA (Asian Crop Science Association) Conferenceのプロシーディングスができました」

「2014年9月23日〜25日にベトナムのハノイで開催された,8th ACSA(Asian Crop Science Association)Conferenceのプロシーディングスができました.本資料集は,事務局が指名した専門家の査読を経て作成されました.アジアの作物学の発展のために ご利用いただきますようにお願い申し上げます.」

海外交流推進委員長
2016/02/25 「2016-2017年度会長・評議員選挙の結果について」

2016-2017年度会長および評議員選挙の結果
2016/02/15 「第32回国際生物学賞受賞候補者の推薦依頼について」

日本学術振興会より「国際生物学賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いており ます.
本年の授賞分野は「多様性の生物学(Biology of Biodiversity)」となっています.日本学術振興会のホームページをご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(umezaki@bio.mie-u.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2016年3月18日(金)です.
2016/02/10 「九州大学大学院 農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学講座 作物学分野 助教 1名募集」

締め切りは2016年3月9日17時必着です.詳しくは こちらをご覧ください.
2016/02/06 「若手の会より,第241回講演会における小集会の開催案内が届きましたので,お知らせいたします.」

小集会その1:昼の部
若手の会企画による小集会 (20) 昼の部:「若手の会10周年記念集会 - 若手の会のこれまでとこれから - 」
内容:若手の会企画による小集会も今回で10年周年を迎えました.そこで過去の小集会を振り返り,若手の会が担うべき役割を再確認しようと考えています.これまで若手の会に携わってきた方,参加が初めての方など多数参加をお待ちしています.お昼ご飯を持参のうえ,お気軽にご参加下さい.
日時:3月29日 (火),12時00分から13時00分

小集会その2:夜の部
若手の会企画による小集会 (20) 夜の部 : 「論文投稿体験座談会〜Road to Accept 論文にチャレンジする若手へ〜」
内容:本会では論文発表に伴う,テーマ決定,執筆,投稿誌の決定,レビュアーとのやり取り等の様々なプロセ スに焦点を当て,3名の研究者に自身の論文投稿の体験談をその時の苦労や若手へのアドバイスを含め語っていただきます.また,参加者からの質疑応答も予定しています.論文投稿の経験の有無にかかわらず,参加者にとって今後論文にチャレンジしていく際の参考になることを目指しています.
日時:3月29日 (火),16時00分から18時00分

現在までのところ会場は決定していませんので,決定したのちに再度ご連絡差し上げます.

発起人氏名
鎌田英一郎 (鳥取大学),迫田和馬 (京都大学),出口哲久 (北海道教育大学),森田隆太郎 (神戸大学),山崎諒 (農研機構),渡邊智也 (京都大学)

連絡責任者
森田隆太郎 神戸大学大学院農学研究科
電話番号:078-803-5820
メールアドレス:120a315a@stu.kobe-u.ac.jp
2016/02/02 「農林水産省 平成28年度委託プロジェクト研究課題の公募について」

農林水産省より,農林水産分野及び関連分野の研究勢力をあげて取り組むべき課題の委託プロジェクト研究公募開始のお知らせが届きましたのでお知らせいたします.
公募期間は平成28年2月1日(月)〜3月22日(火)17時00分【厳守】,公募に関する説明会が2月16日に開催されるとのことです.
詳しくはこちらでご確認ください.