アジア作物学会   English
みんなと作物学 会員の活動紹介 出版物 講演会 和文誌 英文誌 PPSナビ
HOME
本学会について
会則
組織
入会・会費案内
賛助会員募集
広告募集
お問い合わせ
会員のみなさまへ
会長挨拶
学会賞
メーリングリスト
賛助会員
男女共同参画
講演会
学会誌
投稿料無料
英文誌 PPS
review
和文誌 日作紀
総説一覧
和文誌 ミニレビュー一覧
関連シンポジウム・集会
海外開催案内
海外参加報告
国内開催案内
国内参加報告
国内の関連学会講演会
若手研究者海外学会出席助成
関連リンク集
支部会
北海道
東北
関東
北陸
東海
近畿
中国
四国
九州
HOME > 更新履歴
更新履歴
2014/12/26 「秋田県立大学 生物資源科学部生物生産科学科植物生産基礎グループ 教授 1名募集」

締め切りは2015年1月30日必着です.詳しくは秋田県立大学のHPをご覧ください.
2014/12/26 「三島海雲記念財団 平成27年度研究助成のご案内」

三島海雲記念財団から平成27年度研究助成の公募案内が届いております.
平成27年度からは,従来の「学術研究奨励金」に加え,新たに「共同研究助成」が開始されました.公募期間は,1月10日〜2月28日(消印有効)です.
詳しくは三島海雲記念財団のHPをご覧ください.
2014/12/22 「東京農業大学生物資源ゲノム解析センター 『生物資源ゲノム解析拠点』 平成27年度 (前期・通年)共同研究公募」

東京農業大学生物資源ゲノム解析センター 「生物資源ゲノム解析拠点」から平成27年度 (前期・通年)共同研究公募要項が届いております。申請期間は、2015年2月16日(必着)です.詳しくはここおよびHPをご覧ください.
2014/11/21 「宮崎大学 地域資源創成学部(仮称) 栽培学 准教授又は講師 1名募集」

締め切りは2015年1月9日必着です.詳しくは宮崎大学のHPをご覧ください.
2014/11/21 「『日本作物学会紀事』原稿送状の書式が変更されました」

和文誌編集委員会から,「日本作物学会紀事」原稿送状の書式変更の案内が参りましたのでお知らせします.

この度,日本作物学会紀事へ投稿する際に使用する原稿送り状の様式を一部変更しました.様式はHP(和文誌―投稿案内-原稿送り状の書式(PDF・RTF・Wordの各ファイルあり)からダウンロードできます.新たに投稿される際には,この様式をお使い下さい.主たる変更点は,投稿にあたって全共著者の承諾を得ていることを明示して頂くことです.また,原則として,共著者全員のメールアドレスをご記入頂くこととしています.地域編集委員の推薦論文につきましては,地域編集委員のお名前の記載覧を設けましたのでご記入下さい.以上,ご協力をよろしくお願いいたします.
2014/11/20 「東京薬科大学 生命科学部 応用生態学研究室(仮称) 教授または准教授 1名募集」

締め切りは2015年1月16日消印有効です.詳しくは東京薬科大学のHPをご覧ください.
2014/11/07 「サッポロ生物科学振興財団2015年度研究助成のご案内」

サッポロ生物科学振興財団から2015年度研究助成の公募案内が届いております。

要綱
1.タイトル : サッポロ生物科学振興財団2015年度研究助成
2.団体名 : 公益財団法人サッポロ生物科学振興財団(電話:03-6853-6156)
3.公募研究内容 :
1) 食の喜びや幸せに重要な『味の認知』及び『美味しさの創造』に関する調査・研究
2) ヒトの健康維持に貢献する 『食の健康機能性』 に関する調査・研究
3) 『食の安全・安心』に関する調査・研究
4) 『食の安定(量的、質的)供給』に関する調査・研究
(*但し、微生物、植物、農業に関する分野に限定)
5) 『食の利用性向上又は環境への影響』に関する調査・研究
4.金額 : 70万円・6件
5.公募期間 : 11月1日(土)〜12月26日(金)(必着)

詳しくはサッポロ生物科学振興財団のHPをご覧ください.
2014/10/27 「鹿児島大学 農学部 生物生産学科 作物生産学講座 作物生産学分野 教授 1名募集」

締め切りは2014年12月5日(必着)です.詳しくは鹿児島大学のHPをご覧ください.
2014/10/27 「鹿児島大学 農学部 農水連携・国際食料資源学特別コース 食料資源学 准教授または講師 1名募集」

締め切りは2014年11月21日17時(必着)です.詳しくは鹿児島大学のHPをご覧ください.
2014/10/21 「タカノ農芸化学研究助成財団 平成27年度研究助成対象者募集」

タカノ農芸化学研究助成財団から平成27年度研究助成対象者の募集案内が届いております。申請期間は、2015年1月15日から3月10日(必着)です.詳しくはここをご覧ください.
2014/10/20 「名古屋大学 大学院生命農学研究科 生物圏資源学専攻 資源生産生態学講座 作物科学研究分野(教授)教員募集 」

締め切りは2015年1月9日(必着)です.詳しくは名古屋大学のHPをご覧ください.
2014/10/02 「東北大学大学院農学研究科資源生物科学専攻・植物生産科学講座・作物学分野(教授)教員募集」

締め切りは2014年11月11日(必着)です.詳しくは東北大学大学院農学研究科 のHPをご覧ください.
2014/09/21 「情報・システム研究機構国立情報学研究所 研究教育職員」

締め切りは2014年11月28日(必着)です.詳しくはここをご覧ください.
2014/09/21 「情報・システム研究機構国立情報学研究所 特任教員(女性) 」

締め切りは2014年10月24日(必着)です.詳しくはここをご覧ください.
2014/08/20 「鹿児島大学農学部では「国際食料資源学特別コース」特任教員(特任准教授または特任講師)を1名公募しております」

締め切りは2014年9月19日(午後5時必着)です.採用予定日は11月1日です.詳しくは鹿児島大学農学部ホームページまたは,JREC−INをご覧下さい.
2014/08/20 「大阪府立大学生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学分野 植物育種繁殖学(教授)教員募集」

締め切りは2014年10月3日(必着)です.詳しくは大阪府立大学のHPをご覧ください.
2014/08/11 「信州大学農学部応用生命科学科機能性食料開発分野(教授)教員募集」

締め切りは2014年10月14日(必着)です.詳しくは信州大学農学部 のHPをご覧ください.
2014/08/07 「遺伝資源へのアクセスと利益配分問題を根底から理解するための地方勉強会(北海道・東北・北陸・近畿・中国四国・九州ブロック)の開催について」(定員になり次第締切)

農林水産省より,同省主催による遺伝資源アクセスと利益配分に関する普及のためのイベント(地方勉強会)の案内が参りましたのでお知らせいたします.
詳しくはここをご確認の上、参加申込書にてお申し込みください.
2014/08/06 「東京農業大学生物資源ゲノム解析センター「生物資源ゲノム解析拠点」共同研究公募」

締め切りは2014年9月8日(必着)です.詳しくは東京農業大学生物資源ゲノム解析センターのHPをご覧ください.
2014/07/29 「佐賀大学農学部応用生物科学科生物資源開発学講座熱帯作物改良学分野(准教授又は講師)教員募集」

締め切りは2014年10月3日17時(必着)です.詳しくはJREC-INのHPをご覧ください.
2014/07/25 「宮崎大学農学部応用生物科学科植物育種学(准教授)教員募集」

締め切りは2014年8月29日(必着)です.詳しくはJREC-INのHPをご覧ください.
2014/07/16 「IUSSのDivision等の公定訳の策定について」

日本学術会議IUSS分科会より部門名等の公定訳が日本土壌肥料学会のホームページ内にあるIUSS分科会のホームページに掲載されましたのでお知らせいたします.

IUSS (The International Union of Soil Sciences)
2014/06/27 「日本作物学会賞等候補者の推薦について(再掲)」(締切2014年7月20日必着)

日本作物学会賞,日本作物学会技術賞,日本作物学会研究奨励賞ならびに日本農学賞の候補者の推薦(自薦,他薦)を受け付けています.募集は7月20日(日)を締切として学会賞選考委員会により選考を行います.日本農学賞の推薦については,すでに日本作物学会賞を受けているものでも構いません.候補者推薦の詳細は下記のページをご覧ください.
なお,平成26年度より学会賞選考委員会委員長は上野修先生が担当されております.
        記
http://www.cropscience.jp/award/award_06.html
2014/06/25 「海外からの植物遺伝資源の取得・利用手引き(ベータ(試用)版)のご案内と意見募集 〜農林水産省委託事業〜」(締切2014年7月31日必着)

三菱UFJリサーチ&コンサルティングより,海外からの植物遺伝資源の取得・利用手引き(ベータ(試用)版)のご案内と意見募集 〜農林水産省委託事業〜の案内が参りましたのでお知らせいたします.詳しくはここをご確認ください.
提出期限(一次意見募集)2014年7月31月(木)※二次意見募集を行うかどうかは未定.
また,海外植物遺伝資源にご関心のある企業,大学・研究機関,個人育種家等の皆さまの勉強会もあります.詳しくはここをご確認ください.
2014/06/23 宮崎大学農学部「動物生産科学(草地学)分野」の准教授もしくは講師公募のお知らせについて

現在,宮崎大学農学部畜産草地科学科では「動物生産科学(草地学)分野」の准教授もしくは講師を公募しています.専門分野は飼料作物学および土壌学です.詳細は下記のホ−ムページをご覧下さい.

http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/recruit/index.html

応募締切は,平成26年8月22日(必着)です.
2014/06/23 地方独立行政法人青森県産業技術センター研究職員募集のお知らせについて

地方独立行政法人青森県産業技術センターでは,平成 27年4月採用の研究職員の募集を行っています.

当センターは,青森県が平成21年4月に県内の公設研究機関である工業総合研究センター,農林総合研究センター,水産総合研究セ ンター,ふるさと食品研究センターの4センターを統合し,設立した研究機関です.

全国初の工業系と農林水産系を一体化した強みを生かした試験・研究開発のほか,生産者や企業 のニーズに応じた共同研究,受託研究,依頼分析・試験・調査,技術相談・指導及び得られた成果の普及促進等の業務を行うための研究職員を 募集しています.

詳しくは,こちらをご覧ください.

応募締切は,平成26年7月31日(必着)です.
2014/06/19 日本農学進歩賞候補者の推薦依頼について

(公財)農学会より第13回「日本農学進歩賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております. 日本農学進歩賞の概要等(農学会のホームページ)をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹(umezaki@bio.mie-u.ac.jp )までご送付ください.締め切りは2014年7月7日(月)です.
2014/06/05 第238回講演会から,講演要旨のテンプレートが A4サイズ 2ページから1ページに変更になります.

講演要旨は文章のみでも,データすなわち図表の掲載も可能です.講演要旨の作成に当たっては,講演会ホームページの要旨原稿作成要領からテンプレートファイルをダウンロードして作成ください.
参考に文章のみとデータを掲載したサンプルファイルを掲載していますので,ご活用ください.
また,今回より学生発表者の学年,就活中か否かの表記を要旨集に加えることになりましたので,著者のうち, 大学院生やポスドク(博士課程を修了して就職活動中のかたを含む)については, 氏名の右肩に学年(M1, M2, D1, D2, D3, PD)を上付きのTimes系フォントで付すことを推奨します. また, 研究職などの就職活動中(現在はポスドクだが年限がある場合を含む)であることをアピールしたい方は学年の後ろに就活中のマーク★(明朝系全角の星)を上付きで付すことができます.

くれぐれも,お間違いのないようにお願い致します.

演題登録システムに以下のメニューを新たに追加しましたので,記入をお願いします.
【発表者情報】
1)発表者の欄に学年(プルダウンメニュー)記入欄を追加
2)発表者の欄に就職活動の有無(ラジオボタン)記入欄を追加
*発表者1人1人に記入欄が出ます.

くわしくは 日本作物学会講演会講演要旨原稿作成・電子投稿要領または,第238回講演会ホームページをご覧ください.

なお, 講演要旨の電子投稿受付開始は,2014年6月10日 午前10時より行います.
2014/05/21 文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞(40歳未満)受賞候補者の推薦依頼について

文部科学省より「文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1347296.htm
平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞及び若手科学者賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(umezaki@bio.mie-u.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2014年6月27日(金)です.
2014/05/21 木原記念財団学術賞の候補者推薦依頼について

木原記念横浜生命科学振興財団より「第23回木原記念財団学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.
http://www.kihara.or.jp/
木原記念財団学術賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(umezaki@bio.mie-u.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2014年8月29日(金)です.
2014/05/19 平成26年度JABEE農学系分野講習会のご案内

この研修会はJABEE公認で,研修会の参加修了者はJABEE審査員候補者として登録され,本審査のオブザーバー参加を経て審査員の資格が得られます.

日本作物学会では,5名程度の会員の参加を考えております.参加費5,000円は学会から援助します(懇親会参加費は自己負担となります).

講習会に参加を希望する場合は,庶務幹事の梅崎(umezaki@bio.mie-u.ac.jp )までご連絡ください.締め切りは2014年6月2日(月)です.講演会の詳細は,ここここでご確認ください.今年度の本会の予算状況を考慮のうえご検討いただければ幸いです.

JABEE(ジャビー.一般社団法人日本技術者教育認定機構)とは技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体です.
日本作物学会はJABEEの正社員であり,学会員から審査員を派遣するなど,技術者教育プログラムの認定審査に携わっています.
2014/05/12 日本作物学会賞等候補者の推薦について

日本作物学会賞,日本作物学会技術賞,日本作物学会研究奨励賞ならびに日本農学賞の候補者の推薦(自薦,他薦)を受け付けています.募集は7月4日(金)を締切として学会賞選考委員会により選考を行います.日本農学賞の推薦については,すでに日本作物学会賞を受けているものでも構いません.候補者推薦の詳細は下記のページをご覧ください.
なお,平成26年度より学会賞選考委員会委員長は上野修先生が担当されております.
        記
http://www.cropscience.jp/award/award_06.html
2014/05/12 三島海雲学術賞候補者の推薦依頼について

三島海雲記念財団より「三島海雲学術賞」候補者の学会長推薦依頼が届いております.
http://www.mishima-kaiun.or.jp
三島海雲学術賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(umezaki@bio.mie-u.ac.jp )までご送付ください.締め切りは2014年7月11日(金)です.

庶務幹事宛先
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
三重大学大学院生物資源学研究科
日本作物学会庶務幹事 梅崎 輝尚
2014/05/09 「積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成」について

「第13回 積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」の研究助成募集の案内が参りましたのでお知らせします.

1.募集対象 :自然に学んだ基礎サイエンスの知見を活かし、「自然」の機能を「ものづくり」に活用する研究
2.助成金額 :総額2500万円
3.助成研究期間   :2014年10月〜2015年9月
4.募集期間 :2014年5月20日(火)より6月30日(月)
5.結果通知 :2014年9月上旬
6.応募方法 積水化学ホームページ,またはここをご覧ください.
2014/05/08 「キヤノン財団 研究助成プログラム「理想の追求」研究助成募集」について

一般財団法人 キヤノン財団より,研究助成プログラム「理想の追求」の案内が参りましたのでお知らせいたします.今年は「食」に関する研究プロジェクトを募集しています. 詳しくは ここをご確認ください. 募集期間:2014年6月2日(月)10時〜2014年7月15日(火)15時まで
2014/05/07 「農研機構・東北農業研究センター・水田作研究領域(フルタイム勤務)募集」

農研機構・東北農業研究センター・水田作研究領域では、「攻めの農林水産業の実現 に向けた革新的技術緊急展開事業」(平成26年度〜平成27年度)における, 「東北日本海側多雪地域における畜産との地域内連携を特徴とした低コスト大規模水 田輪作体系の実証」の研究を推進するため,契約研究員を募集します.

応募締め切りは2014年5月20日です.詳しくは農研機構ホームページをご覧ください.
2014/05/01 「九州沖縄農業研究センター水田作・園芸研究領域(フルタイム労働者)募集」

九州沖縄農業研究センター水田作・園芸研究領域では,「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」(平成26年度〜平成27年度)における,「北部九州における稲麦大豆多収品種と省力栽培技術を基軸とする大規模水田高度輪作体系の実証」の進捗を加速するため,契約研究員を募集します.

締め切りは2014年5月31日です.くわしくは,ホームページ上 または,ここをご覧ください.
2014/04/08 「和文誌・英文誌編集委員会事務局移転について」

和文誌編集委員会事務局は平成26年4月1日から下記に移転します.

和文誌編集委員長
大門弘幸 (学大学院生命環境科学研究科)

なお,4月1日以降の「日本作物学会紀事」への投稿論文は,これまでと同様に下記の学会事務取扱所までメール投稿ください.

東京都中央区新川2-22-4 新共立ビル2F
日本作物学会事務取扱所
TEL:03-3551-9891,FAX:03-3553-2047,
e-mail: cssj-jim@cropscience.jp

英文誌編集委員会事務局は平成26年4月1日から下記に移転します.

英文誌編集委員長
大杉 立 (東京大学大学院農学生命科学研究科)

なお,「Plant Production Science」への投稿は,これまでと同様に学会ホームページからの電子投稿により行ってください.
2014/04/08 「学会事務局移転について」

学会事務局は平成24年4月から下記に移転します.

庶務幹事
梅崎輝尚(正) 三重大学大学院生物資源学研究科
江原 宏(副) 三重大学大学院生物資源学研究科

会計幹事
宮川修一(正) 岐阜大学応用生物科学部
松井 勤(副) 岐阜大学応用生物科学部
2014/04/08 「名古屋大学 大学院生命農学研究科 生物圏資源学専攻 資源生産生態学講座では資源植物環境学研究分野の助教を1名募集しています」

締め切りは2014年6月9日(必着)です.詳しくは名古屋大学大学院生命農学研究科教員公募ページをご覧ください.
2014/04/04 「8th ACSA Conference のお知らせ」

海外交流推進委員会より 8th ACSA Conference のお知らせが参りました.
くわしくはここをご覧ください.
なお,参加登録が開始されました(締切は6月30日)ので,皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます. また,本会議への若手派遣助成についてのお知らせを後日いたします.
2014/04/01 「平成26年度生物 資源ゲノム解析拠点共同研究の募集について 」

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターより共同研究公募要項の案内が参りましたのでお知らせします.くわしくは,こちらをご覧ください.
2014/04/01 「国際生物学賞受賞候補者の推薦依頼について」

日本学術振興会より「国際生物学賞」受賞候補者の学会長推薦依頼が届いております.

国際生物学賞の概要等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(梅崎輝尚,umezaki@bio.mie-u.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2014年4月25日(金)です.
2014/04/01 「日本学術振興会 育志賞受賞候補者の学会長推薦について」

日本学術振興会より「育志賞」受賞候補者の学会長推薦依頼 が届いております.
育志賞推薦書等様式一覧等をご覧のうえ,応募を希望する場合は,必要書類を庶務幹事(梅崎輝尚,umezaki@bio.mie-u.ac.jp)までご送付ください.締め切りは2014年5月16日(金)です.

日本学術振興会 育志賞の概要―優秀な大学院博士課程学生の顕彰・支援については,こちらをご覧ください.
2014/03/24 「遠山椿吉記念 第4回 食と環境の科学賞 受賞候補者の推薦について」

一般財団法人東京顕微鏡院より,「遠山椿吉記念 第4回 食と環境の科学賞」の募集が届いております.関係学会,団体等の推薦または本人の申請による申込みが可能なので,学会長の推薦を希望する会員は,当該ホームページを参照のうえ,必要書類を学会庶務幹事(新田 洋司 nittay@mx.ibaraki.ac.jp)宛てに5月30日(金)までメールでご送付ください.
2014/03/07 「日本農学賞 授賞式,受賞者講演,受賞祝賀会等のお知らせ」

ご承知のようにこのたび国分先生が日本農学賞を受賞されます.4月5日に, 日本農学大会が開催され,授賞式,受賞者講演等が行われます. プログラムおよび,ホームページをご参照ください.

また,同日17時より「受賞祝賀会」がございます.参加費は7,000円で,各自 ご負担いただきます.参加を希望される本学会会員の方は,3月14日(金)までに,庶務幹事 (新田先生,nittay@mx.ibaraki.ac.jp)まで連絡いただけますよう御願いします.
2014/03/07 「日本農学賞 授賞式,受賞者講演,受賞祝賀会等のお知らせ」

ご承知のようにこのたび国分先生が日本農学賞を受賞されます.4月5日に, 日本農学大会が開催され,授賞式,受賞者講演等が行われます. プログラムおよび,ホームページをご参照ください.

また,同日17時より「受賞祝賀会」がございます.参加費は7,000円で,各自 ご負担いただきます.参加を希望される本学会会員の方は,3月14日(金)までに,庶務幹事 (新田先生,nittay@mx.ibaraki.ac.jp)まで連絡いただけますよう御願いします.
2014/03/04 「【IITAポスドク公募(日本語が採用条件)】Postdoctoral Fellow, Yam Tissue Culture」

JIRCASの村中さんより,共同研究先のIITA(International Institute of Tropical Agriculture,国際熱帯農業研究所)のポスドク公募情報が参りましたので,お知らします.

この案件については,日本語が採用条件となっていることもあり,日本人の若手研究者の方の応募を是非広く求めたいと思います.

つきましてはこの情報について作物学会のHPに掲載させていただき,広く候補をもとめることを希望しております.

くわしくは,ここに掲載文案を記してありますのでご覧ください.
2014/03/03 「国際土壌判定コンテスト渡航費用補助について」

日本学術会議IUSS分科会より,次の案内が参りましたので,お知らせします.

2014年6月に韓国の済州島で第20回国際土壌科学会議(20WCSS)が開催されます.そのプレイベントとして,6/5-7に学生を対象とした「国際土壌判定コンテスト(International Soil Judging Contest)」が今回初めて実施されるという情報を,日本ペドロジー学会からいただきました.ここをご参照ください.

上記ホームページにも記載されておりますように,参加資格は20WCSSに参加申込みをしている方で,1名のコーチと4名の学生でチームを作り,参加申込みをすることになります.参加チームには,1000米ドルの渡航費用補助が大会運営委員会から支給されます.

各国2チームまでとの制約があり,すでに1チームから参加希望があります.参加申込みの期限は,2014年3月20日となっております.

貴学会会員の中で,参加希望チームがございましたら,2014年3月7日までに,IUSS分科会幹事の丹下までお知らせ下さい.

よろしくお願い致します.

日本学術会議IUSS分科会
委員長 木村眞人
2014/03/03 「独立行政法人日本学術振興会からのお知らせ 科学研究費助成事業の審査に係る『系・分野・分科・細目表』等への意見募集について」

独立行政法人日本学術振興会では,科学研究費助成事業の審査に係る「系・分野・分科・細目表」(以下「細目表」という.)の別表「時限付き分科細目表」の改正案の作成にあたり,毎年期間を限ってホームページにより意見を受け付けておりましたが,今後は,「細目表」及び「時限付き分科細目表」への意見を常時受け付けることといたしました.提出方法等の詳細につきましては,下記ホームページをご参照下さい.また,それに伴い毎年行っておりました「時限付き分科細目表」への意見募集のお知らせを終了させていただきます.

独立行政法人日本学術振興会ホームページ

【問い合わせ先】
独立行政法人日本学術振興会研究事業部研究助成第一課企画調査係
(Tel:03-3263-4702,4796)
2014/02/26 「2014-2015年度会長・評議員選挙の結果について」

2014-2015年度会長及び評議員選挙結果(PDFファイル
2014/02/25 「九州大学大学院農学研究院環境農学部門農業生産生態学分野(助教)教員公募」

九州大学大学院農学研究院環境農学部門農業生産生態学分野では助教を1名募集しています.

締め切りは2014年3月24日必着です.
詳しくは九州大学大学院農学研究院教員公募ページをご覧下さい.
2014/02/25 「海外植物遺伝資源の利用促進セミナー」

三菱UFJリサーチ&コンサルティング社より,農水省委託事業「海外植物遺伝資源の利用促進セミナー」の案内が参りましたのお知らせいたします. 詳しくは,ここをご覧ください.
2014/02/14 「キヤノン財団 研究助成プログラム「理想の追求」研究助成募集」について

一般財団法人 キヤノン財団より,研究助成プログラム「理想の追求」の案内が参りましたのでお知らせいたします.今年は「食」に関する研究プロジェクトを募集しています. 詳しくは ここをご確認ください. 募集期間:2014年6月2日(月)10時〜2014年7月15日(火)15時まで
2014/01/29 第237回講演会の学生参加費について

庶務幹事ならびに第237回講演会運営委員会より,第237回講演会の学生参加費についてお詫びと訂正がございます.

日本作物学会紀事第83巻第1号の「学会からのお知らせとお願い」では学生会員の前納参加費を「3,000円」としておりましたが「払込取扱票」ならびにホームページでは「4,000円」となっておりました.

正しくは「3,000円」です.これからお振り込みになる方は「3,000円」をお振り込みください.また,すでに「4,000円」を振り込まれた方には,大会当日1,000円を返却させていただきます.

第237回講演会のホームページ
2014/01/27 【受賞】「平成26年度日本農学賞」国分牧衛会員

本学会会員の国分 牧衛様が,このたび,平成26年度日本農学賞を受賞されることが決定しました.

受賞者: 国分 牧衛
所属・職名: 東北大学大学院農学研究科・教授
業績タイトル: ダイズの生理生態と環境ストレス応答機構に基づく多収理論の構築と実証
2014/01/07 【農研機構任期付研究員公募】「平成26年4月1日採用任期付研究員募集」

農研機構より平成26年4月1日採用任期付研究員募集の連絡がありましたのでお知らせします.

詳細は次のURLをご覧ください.
http://www.naro.affrc.go.jp/acquisition/2013/12/049730.html
または
http://www.naro.affrc.go.jp/english/Information/laboratory/naro/049733.html